コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李朝[ベトナム] りちょうベトナム Li; Ly

1件 の用語解説(李朝[ベトナム]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李朝[ベトナム]
りちょうベトナム
Li; Ly

ベトナムの王朝(1010~1225)。創始者の李公蘊(太祖)は,初め前黎朝(→黎朝)に仕えたが,同王朝最後の皇帝龍鋌(在位 1005~09)の没後自立して帝位につき,新王朝を開いた。初め大瞿越(だいくえつ)の国号を用いたが,1054年これを大越と改めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李朝[ベトナム]の関連キーワード阮朝ベトコンベトナム独立同盟会越僑西沙諸島グッドモーニング,ベトナム阮朝王宮ベトナム共和国日本ベトナム間賠償借款協定レ朝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone