コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山(埼玉) まつやま

百科事典マイペディアの解説

松山(埼玉)【まつやま】

武蔵国比企(ひき)郡のほぼ中心部(現,埼玉県東松山市)。中世には松山本郷とよばれ,戦国期には街道の宿駅として,また松山城(現,同県吉見町)の城下として町場が形成された。近世にも日光脇往還などの宿場町として賑いをみせた。1409年の旦那売券に〈武蔵国松山内本郷〉とみえるのが早い例。戦国後期には後北条氏の領国となって松山衆が駐留した。このころ後北条氏や松山城主上田氏は本郷の市や,宿の伝馬・諸公事を免除するなど保護しており,松山宿とよばれたが,しだいに城下町的様相を強める。後北条氏滅亡後は徳川氏領となり,1590年松平(桜井)氏が松山城に封ぜられたが,1600年廃城。その後松山町は幕府領,旗本島田領,川越藩松平氏(1866年前橋に移封)領と変遷。宿場として本陣・脇本陣が整備され,幕末には前橋藩の陣屋も置かれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

松山(埼玉)の関連キーワード東松山[市]鈴木嘉幸北条氏康町人捌

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松山(埼玉)の関連情報