松山(岡山)(読み)まつやま

百科事典マイペディアの解説

松山(岡山)【まつやま】

備中国上房(じょうぼう)郡にあった城下町。現在の岡山県高梁(たかはし)市の市街地にあたる。北方にそびえる臥牛(がぎゅう)山(460m)に中世以来の松山城があり,南麓に城主の居館〈御根(おね)小屋〉があった。城下松山はこの御根小屋を中心に,江戸時代初頭に備中国奉行小堀新助(正次)・作助(政一,遠州)父子によって建設が始められ,次いで松山藩主池田氏(6万5000石),同水谷氏(5万石)によって整備された。1693年水谷氏断絶後は安藤氏(6万5000石),石川氏(6万石),板倉氏(5万石)の城下町として栄え,備中の政治・経済・文化の中心地であった。城下の町人町は6町(元和年間成立の本町・新町・下町・鍛冶町,寛文年間成立の南町,貞享年間成立の東町)からなっていたが,本町・新町・下町・鍛冶町は地子免除,南町は一部年貢地,東町はすべて年貢地という違いがあり,東町を除く5町を〈五町の町〉と呼んだ。1746年には6町合わせて家数711・竈数1172・人数3413。町人町のうち最も栄えたのは町裏に松山河岸をもつ本町で,各種問屋が集中していた。町人町は町奉行の支配下にあり,町役人は〈五町の町〉全体の支配に当たる大年寄,五穀の相場を取り調べ書き上げる目代のほか,各町に年寄・五人組頭が置かれていた。1869年松山藩は高梁藩と改称し,それにともない城下の総名も高梁と変わった。廃藩置県後の高梁は旧家中屋敷地(江戸時代には丁と呼ばれた)を含め25町で構成され,1889年高梁町となり,1954年高梁町と近隣8ヵ村が合併して高梁市となる。松山城は天守閣の現存する山城としては日本で最高所にある。1936年国指定史跡となり,翌年天守閣と二重櫓が国宝に指定された(現在は国指定重要文化財)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松山(岡山)の関連情報