松山[市](読み)まつやま

百科事典マイペディアの解説

松山[市]【まつやま】

愛媛県中部の市。1889年市制。県庁所在地。四国の都市では最大の人口。重信川流域を占め,伊予灘に面し,沖の忽那(くつな)諸島を含む。中心市街は石手川に沿い,松山城を中心とし,蒲生氏,久松氏の城下町として発達。城跡(史跡)と城下町の遺構を残す。県の行政・文化・経済の中心地で,繊維,化学,石油などの工場も多数進出し,臨海工業都市として発展。古くから三津浜と高浜が外港として栄え,1954年開港した松山港は重要港湾に指定。伊予絣(がすり)を特産。周辺の農村部ではイヨカン,ミカンなどの栽培が盛ん。予讃線,伊予鉄道が通じ,阪神,別府,広島,呉などへ航路があり,1995年には松山空港からソウルへの定期航空路も開かれた。市街地東部には道後温泉や城跡公園などの史跡があり,子規,虚子,漱石などの句碑が多い。また,市内には国宝の仁王門がある石手寺をはじめ多くの四国八十八ヵ所札所があり,巡礼で賑わう。2005年1月北条市,温泉郡中島町を編入。429.37km2。51万7231人(2010)。
→関連項目愛媛[県]愛媛大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつやま【松山[市]】

愛媛県中部,重信川流域の松山平野北部にある県庁所在都市。1889年市制。人口46万0968(1995)。中心市街地は近世初期,加藤嘉明が北部の分離丘陵勝山(132m)に居城を建設して松山と改称して以来,その城下町として発展した。愛媛県の発足(1873)によって松山は県庁所在都市となったが,第2次大戦前は人口10万人台で,産業も伊予絣(いよがすり)が特産であったにすぎない。戦後は周辺町村の合併と,臨海部に丸善石油,大阪曹達,帝人など化学工業が立地する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の松山[市]の言及

【三津】より

…伊予国(愛媛県)和気郡,伊予灘に臨む松山城下町の外港。1603年(慶長8)加藤嘉明の時代に初めて船場を設け,船奉行を置いた。…

※「松山[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android