コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山[市] まつやま

2件 の用語解説(松山[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

松山[市]【まつやま】

愛媛県中部の市。1889年市制。県庁所在地。四国の都市では最大の人口。重信川流域を占め,伊予灘に面し,沖の忽那(くつな)諸島を含む。中心市街は石手川に沿い,松山城を中心とし,蒲生氏,久松氏の城下町として発達。
→関連項目愛媛[県]愛媛大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつやま【松山[市]】

愛媛県中部,重信川流域の松山平野北部にある県庁所在都市。1889年市制。人口46万0968(1995)。中心市街地は近世初期,加藤嘉明が北部の分離丘陵勝山(132m)に居城を建設して松山と改称して以来,その城下町として発展した。愛媛県の発足(1873)によって松山は県庁所在都市となったが,第2次大戦前は人口10万人台で,産業も伊予絣(いよがすり)が特産であったにすぎない。戦後は周辺町村の合併と,臨海部に丸善石油,大阪曹達,帝人など化学工業が立地する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の松山[市]の言及

【三津】より

…伊予国(愛媛県)和気郡,伊予灘に臨む松山城下町の外港。1603年(慶長8)加藤嘉明の時代に初めて船場を設け,船奉行を置いた。…

※「松山[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

松山[市]の関連キーワード饗庭篁村広島(市)森有礼メネリク[2世]ストレンジ二葉亭四迷ペルス=ライケンマクブライドメタテクシス斑晶

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone