コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山[市] とやま

百科事典マイペディアの解説

富山[市]【とやま】

富山県中部の市。1889年市制。県庁所在地。神通(じんづう)川常願寺川流域の富山平野主要部及び飛騨高地北部一帯を占め,富山湾に面する。中心市街は神通川下流右岸にあり,1532年の水野勝重の富山城築城後城下町として発展,江戸期は加賀前田家支藩の城下であった。
→関連項目大島[町]小杉[町]新湊[市]富山[県]富山大学丈部荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とやま【富山[市]】

富山県の県庁所在都市。県域の中央部に位置し,富山湾に臨む。1889年市制。人口32万5375(1995)。県の政治・経済・文化の中心をなす。市域富山平野のほぼ中央にあり,神通(じんづう)川と常願寺川の形成する複合扇状地と西側の呉羽(くれは)丘陵からなる。中心市街地は,近世には富山藩の城下町として栄えたところで,北陸街道と飛驒街道の分岐点にあたる交通の要衝でもあった。鉄道は1899年北陸本線富山~敦賀間,1934年高山本線が開通して分岐点となり,関西,中京とのつながりが強められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の富山[市]の言及

【越中国】より

…旧国名。現在の富山県全域にあたる。
【古代】
 北陸道に属する上国(《延喜式》)。…

【東岩瀬】より

…越中国新川郡(現,富山市),神通川河口右岸の地名。古代からの交通の要所で,《延喜式》に磐瀬駅が見えるが,東岩瀬の初見は1572年(元亀3)。…

【水橋】より

…越中国(富山県)新川郡,常願寺川河口の港町。《延喜式》に水橋駅が見え,古くから渡河点として北陸道の要衝であった。…

※「富山[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富山[市]の関連キーワード中部山岳国立公園有峰ダム富山県黒部川神通立山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富山[市]の関連情報