富山[市](読み)とやま

  • 富山

百科事典マイペディアの解説

富山県中部の市。1889年市制。県庁所在地。神通(じんづう)川常願寺川流域の富山平野主要部及び飛騨高地北部一帯を占め,富山湾に面する。中心市街は神通川下流右岸にあり,1532年の水野勝重の富山城築城後城下町として発展,江戸期は加賀前田家支藩の城下であった。第2次大戦中空襲で壊滅したが復興。北陸新幹線,高山本線,あいの風とやま鉄道,富山地方鉄道各線,富山ライトレール,北陸自動車道が通じ,1984年ジェット化して新開港した富山空港がある。1964年に指定された富山高岡新産業都市の一中心で,特定重要港湾の伏木富山港沿岸に化学工業,重工業の大工場が集中,伝統的な富山売薬の工場も多い。市の製造品出荷額は1兆453億円(2003)を上げて県内1位。1984年には富山テクノポリスの指定をうけ,先端技術産業も盛んになっている。立山・黒部アルペンルートへの玄関口で,東部には有峰(ありみね)ダム黒部川源流部などがあり,中部山岳国立公園に属する。また西部の呉羽山は行楽地,岩瀬浜,八重洲浜は海水浴場である。富山大学がある。2005年4月上新川郡大沢野町,大山町,婦負郡八尾町,婦中町,山田村,細入村を編入。1241.77km2。42万1953人(2010)。
→関連項目大島[町]小杉[町]新湊[市]富山[県]富山大学丈部荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

富山県の県庁所在都市。県域の中央部に位置し,富山湾に臨む。1889年市制。人口32万5375(1995)。県の政治・経済・文化の中心をなす。市域富山平野のほぼ中央にあり,神通(じんづう)川と常願寺川の形成する複合扇状地と西側の呉羽(くれは)丘陵からなる。中心市街地は,近世には富山藩の城下町として栄えたところで,北陸街道と飛驒街道の分岐点にあたる交通の要衝でもあった。鉄道は1899年北陸本線富山~敦賀間,1934年高山本線が開通して分岐点となり,関西,中京とのつながりが強められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の富山[市]の言及

【越中国】より

…旧国名。現在の富山県全域にあたる。
【古代】
 北陸道に属する上国(《延喜式》)。…

【東岩瀬】より

…越中国新川郡(現,富山市),神通川河口右岸の地名。古代からの交通の要所で,《延喜式》に磐瀬駅が見えるが,東岩瀬の初見は1572年(元亀3)。…

【水橋】より

…越中国(富山県)新川郡,常願寺川河口の港町。《延喜式》に水橋駅が見え,古くから渡河点として北陸道の要衝であった。…

※「富山[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android