コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町・丁 ちょう

大辞林 第三版の解説

ちょう【町・丁】

(「丁」とも書く)距離の単位。条里制では、一町は六尺を一歩とする六〇歩であったが、太閤検地の際六尺三寸を一間とする六〇間となり、その後六尺を一間とする六〇間となった。メートル条約加入後、1891年(明治24)1.2キロメートルを一一町と定め、一町は約109.09メートルとなった。
土地面積の単位。条里制では一辺の長さが一町の正方形の面積。中世、一町は三六〇〇歩であったが、太閤検地の際、三〇〇〇歩となった。メートル条約加入後、1891年に、120ヘクタールを一二一町と定め、一町は約0.99ヘクタールとなった。一町は一〇段、三〇〇〇坪。町歩。 →
地方公共団体の一。市と村の中間に位し、都道府県に属する。まち。
平城京・平安京における街区一辺の長さおよびその一区画の面積。四〇〇尺、および四〇〇尺平方。
御町おちよう」に同じ。江戸吉原のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

町・丁の関連キーワード太閤検地町内会八丁堀平安京平城京

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

町・丁の関連情報