コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真正[町] しんせい

百科事典マイペディアの解説

真正[町]【しんせい】

岐阜県南西部,本巣(もとす)郡の旧町。濃尾平野の北部,揖斐(いび)川東岸を占め,米作蔬菜果樹栽培が盛ん。真桑(まくわ)地区はマクワウリの名産地。大垣市へ樽見(たるみ)鉄道が通じ,大垣,岐阜への通勤者が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんせい【真正[町]】

岐阜県南西部,本巣郡の町。1964年町制。人口1万0742(1995)。根尾川の東岸に位置し,根尾川扇状地の扇端部を占める。北隣の糸貫町から南の巣南町にかけて条里制の跡がみられ,町内にも十四条などの字名が残っている。豊富な湧水と砂質土壌に恵まれ,良質米と果樹の産地であったが,現在は果樹,花卉の集団栽培など都市近郊型農業に変わってきている。かつてはマクワウリの名産地であり,その名は旧村名真桑村による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

真正[町]の関連キーワード揖斐川

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android