富山[町](読み)とみやま

百科事典マイペディアの解説

富山[町]【とみやま】

千葉県南部,安房(あわ)郡の旧町。浦賀水道に面し,大部分が丘陵地。海岸は海水浴に適し,南房総国定公園の一部。米,ナシ,花卉(かき)の栽培,酪農が盛ん。2006年3月,安房郡富浦町,白浜町,千倉町,丸山町,和田町,三芳村と合併し市制南房総市となる。40.34km2。5986人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とみやま【富山[町]】

千葉県南部,東京湾に臨む安房(あわ)郡の町。1955年岩井町と平群(へぐり)村が合体,改称。人口6477(1995)。町域は東西に細長く,中央部に《南総里見八犬伝》で知られる富山(とみさん)があり,町名もこれにちなむ。東部は館山湾に注ぐ平久里(へぐり)川の上流域で盆地状をなす。産業の中心は農業で,平群では酪農が盛ん。沿岸部ではビワ,花卉,野菜などの栽培が行われる。海岸部は南房総国定公園に含まれ,遠浅で波静かな岩井海岸は内房を代表する海水浴場として知られ,大正期から臨海学校を中心に海水浴客でにぎわっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android