コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聊か・些か いささか

大辞林 第三版の解説

いささか【聊か・些か】

( 副 )
数量・程度が少ないさま。少し。幾らか。自己の事柄については謙遜を、他者の事柄については婉曲を表し、「かなり」の意で用いられることがある。 「これには-驚いた」 「 -の悔恨とともに思い出される」 「腕には-自信がある」 「それは-問題だ」
(下に打ち消しの語を伴って)少しも。全然。現代語では「いささかも」の形をとる。 「確信は-も揺るがない」 「此の世には、-思ひ慰むかたなくて/源氏 総角
( 形動 ) [文] ナリ 
数量・程度がわずかであるさま。重大でないさま。 「 -なりともお役に立ちたい」 「 -な金で御心配遊ばすのが/魔風恋風 天外
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android