がちゃがちゃ(読み)ガチャガチャ

デジタル大辞泉の解説

がちゃ‐がちゃ

[副](スル)
堅い物がぶつかり合う騒々しい音を表す語。「かぎの束をがちゃがちゃいわせる」
クツワムシの鳴く声を表す語。
あれこれやかましく言いたてるさま。「がちゃがちゃ文句ばかり言う」
[形動]乱雑なさま。「机の中ががちゃがちゃだ」
[名]
クツワムシの別名。 秋》「一夜一夜―近くやかましく/子規
《「ガチャガチャ」と書く》カプセルトイのこと。商標名。
[アクセント]は、チャガチャ、は、ガチャガチャ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がちゃがちゃ

[1] ( 副 ) スル
堅い物が続けてぶつかり合って出す騒がしい音を表す語。 「食器を-(と)洗う」 「鍵束を-させる」
うるさいさま。 「 -言うな」
[0] ( 形動 )
整理されず乱雑なさま。 「引き出しの中が-だ」
[0][4] ( 名 )
クツワムシの異名。また、その鳴き声。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がちゃ‐がちゃ

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 陶器や金属など、重く堅いものが、幾つかぶつかり合ってたてる音を表わす語。「かちゃかちゃ」よりも強い音にいう。
※随筆・塵塚談(1814)上「鐶がガチャガチャと鳴るにより」
② 入りまじっているさま、雑然としたさまを表わす語。
※檸檬(1925)〈梶井基次郎〉「その檸檬の色彩はガチャガチャした色の階調をひっそりと紡錘形の身体の中へ吸収してしまって」
③ クツワムシの鳴き声を表わす語。
※唱歌・虫のこゑ(文部省唱歌)(1910)「がちゃがちゃがちゃがちゃ くつわ虫」
[2] 〘形動〙 乱雑なさま。めちゃくちゃに入りみだれているさま。
[3] 〘名〙 (鳴き声から転じて) 昆虫「くつわむし(轡虫)」の異名。《季・秋》
仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉一「がちゃがちゃ 庭前にてやかましく鳴く此虫」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がちゃがちゃの関連情報