コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カチン カチン Cathine

3件 の用語解説(カチンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カチン(Cathine)

ミャンマー北部のカチン州や中国雲南省などに居住する少数民族。ジンポー(景頗)。
[補説]広義には、ミャンマー北東辺境部の山地に居住するアツィ族・マル族・ラシ族などを含む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カチン

ミャンマー北部のカチン州を中心に,アッサム北東部,雲南西部に住む民族。自称チンポー。人口約60万人でカチン語を使用。陸稲,トウモロコシ,アワ,ソバの焼畑耕作(モンスーン森林地帯)を行う。
→関連項目チンポー(景頗)族ミャンマー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カチン
かちん
Kachin

ミャンマー(ビルマ)北部カチン州を中心に、中国雲南省などにも居住する民族。狭義のカチンはジンポー(景頗)ともよばれ、チベット・ビルマ語派カチン語群の言語をもつ。広義には、「カチン」がかつてビルマ北東辺境部の山地民の一般的呼称であったように、この地域に居住する少数民族のアチ、マル、ラシ、ヌンなどを含む。広義の「カチン」の人口は、ミャンマー側で50万前後、中国側で10万程度とされる。
 言語上の相違にもかかわらず、カチン共通の文化がみられる。生業形態は一部を除いて焼畑耕作で、耕作地が村落の長によって割り当てられる慣習がある。精霊を信仰し、山間にある村落の入口には、供犠(くぎ)柱と精霊の祠(ほこら)を伴った神聖な森がある。牛頭(ぎゅうとう)供犠がもっとも重要な儀礼で、司祭役の専門職がいる。儀礼にはジンポー語が用いられる。村落または村落連合が基本的な政治・社会上の単位である。親族組織に分節化した父系親族集団をもち、母方交差いとこを優先する婚姻制度を特徴とする。これらと結び付いて、さらにシャン人の影響も受けて、貴族・平民・奴隷の階層をもつ社会があり、他方で階層分化のない社会が存在する。[田村克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カチンの関連キーワードカチン族カレン族ミャンマーシャンチンカチン語サルウィン[川]ロヒンギャ族在日ミャンマー人カチン[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カチンの関連情報