コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島根[町] しまね

百科事典マイペディアの解説

島根[町]【しまね】

島根県北東部,島根半島にある八束(やつか)郡の旧町。日本海岸に加賀(かか),大芦(おあし),野波などの集落があり,ブリ,ワカメ多産ブドウも栽培する。海岸は大山隠岐(だいせんおき)国立公園に含まれ,海食地形で有名な加賀ノ潜戸(くけど)(天然記念物),桂島海水浴場などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しまね【島根[町]】

島根県北東部,八束(やつか)郡の町。1969年町制。人口4824(1995)。島根半島北端に位置し,日本海に臨む。急傾斜地が多く耕地は少ないが,良港に恵まれ漁業が産業の中心である。中心地の加賀(かか)は帆船の風待港として古くから開け,江戸時代は松江藩の藩港となり,当地で産するハゼ,アブラギリなどを保管する木実蔵が設けられていた。現在は一本釣り定置網などの漁業が盛んで,ワカメの養殖も行われる。屈曲に富む海岸部は大山隠岐国立公園の一部で,加賀ノ潜戸(かかのくけど)(名・天),築島岩脈(天),多古の七ッ穴(天)など景勝地が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android