コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強談 ゴウダン

デジタル大辞泉の解説

ごう‐だん〔ガウ‐〕【強談】

[名](スル)強い態度や調子で談判すること。(こわ)談判。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうだん【強談】

( 名 ) スル
要求に応じさせるため、強引に談判すること。強こわ談判。 「 -威迫いはく」 「勘定の支払を-されたり/あくび 潤一郎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の強談の言及

【証人威迫罪】より

…自己もしくは他人の刑事被告事件の捜査・審判に必要な知識をもっていると認められる者またはその親族に対して,当該事件に関しゆえなく面会を強請したり,または強談威迫の行為をする罪。刑は1年以下の懲役または20万円以下の罰金(刑法105条の2)。…

※「強談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

強談の関連キーワード暴力行為等処罰ニ関スル法律暴力行為等処罰法証人威迫罪強談判威迫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強談の関連情報