スミス(読み)すみす(英語表記)George E. Smith

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スミス(George E. Smith)
すみす
George E. Smith
(1930― )

アメリカの物理学者。シカゴ大学で博士号を取得した後、ベル研究所の研究員となり、超大規模集積回路(VLSI:Very Large Scale Integration)装置部長などを歴任した。2009年にウィラード・ボイルとともに「電荷結合素子(CCD=Charge Coupled Device)センサーの発明」によりノーベル物理学賞を受賞した。
 1969年、スミスはボイルとともに光を電気信号に変える素子を集積し、画像として記録する方法を最初に考案した。画像を電気信号に変換するときに、受光素子が光から発生した電荷を読み出す原理を利用、電荷結合素子とよばれる回路素子を用いて電荷を転送する方法である。現代ではデジタルカメラ、デジタルビデオ、内視鏡などに使われるようになり、携帯電話で撮影した写真も手軽に送信できるようになった。[馬場錬成]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スミスの関連情報