三重(旧町名)(読み)みえ

日本大百科全書(ニッポニカ)「三重(旧町名)」の解説

三重(旧町名)
みえ

大分県南部、大野郡にあった旧町名(三重町(まち))。現在は豊後大野市(ぶんごおおのし)の南西部にあたる地域。旧三重町は1902年(明治35)町制施行。1951年(昭和26)菅尾(すがお)、百枝(ももえだ)、新田(あらた)の3村と合併。2005年(平成17)清川(きよかわ)村、緒方(おがた)町、朝地(あさじ)町、大野町、千歳(ちとせ)村、犬飼(いぬかい)町と合併して市制施行、豊後大野市となった。旧町名は古代の郷(ごう)名にちなむ。JR豊肥(ほうひ)本線と国道326号、502号が通じる。三重町駅付近の市場(いちば)は2、7の日に市(いち)が立つ市場町で、町・郡の中心。大野川支流の三重川沿岸低地の米作、周辺火山灰台地のタバコなどの畑作が主産業だが、工場も立地している。シイタケや牛の生産も多い。内山観音(うちやまかんのん)は真名野(まなの)長者の創建、百済(くだら)の蓮城(れんじょう)法師の開山(554)と伝え、石造宝塔や仏像が多く、三国峠(みくにとうげ)は標高約600メートルで展望よく、ともに桜の名所。菅尾石仏は平安後期の作とみられ、国指定史跡。稲積水中鍾乳洞(いなづみすいちゅうしょうにゅうどう)は1977年オープンした。

[兼子俊一]

『『三重町誌 沿革篇』(1966・三重町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android