三重(読み)みえ

百科事典マイペディア 「三重」の意味・わかりやすい解説

三重[町]【みえ】

大分県南部,大野郡の旧町。九州山地の北東部,大野川中流右岸地域を占める。豊肥本線が通じる主集落市場は古代に三重駅が置かれた交通の要衝で,古くからの市場町サツマイモ,タバコ,カボスなどを産し,シイタケ栽培も行う。2005年3月大野郡緒方町,朝地町,大野町,犬飼町,清川村千歳村と合併し市制豊後大野市となる。162.17km2。1万8222人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android