コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高知[市] こうち

百科事典マイペディアの解説

高知[市]【こうち】

高知県中部,土佐湾に面する市。1889年市制。県庁所在地。高知平野浦戸湾を含み,中心市街は鏡川の三角州に発達,土讃線,土佐電鉄線,高知自動車道が通じる。1603年山内一豊が河中山(こうちやま)城を築いて後,土佐藩の城下町として発展。高知城跡(高知公園)周辺は官庁・学校地区,播磨屋(はりまや)橋一帯は金融・商店街を形成する。浦戸湾岸を中心に機械,鉄鋼,セメント,食品などの工業が立地。和紙,かつお節,サンゴ細工を特産。市街地周辺では野菜の促成栽培が盛ん。追手(おうて)筋の日曜日市や8月のよさこい祭りは有名。桂浜,五台山,高知城跡(史跡),ミカドアゲハ生息地(特別天然記念物),高知大学がある。2005年1月土佐郡鏡村,土佐山村を編入。2008年1月吾川郡春野町を編入。308.99km2。34万3393人(2010)。
→関連項目高知[県]高知大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうち【高知[市]】

高知県のほぼ中央部,土佐湾奥にひろがる高知平野に位置する県庁所在都市。人口32万1999(1995)。市の中心部は浦戸湾奥の鏡川と,かつては大川であった江ノ口川にはさまれた沖積低地に位置し,近世の土佐藩の城下町から発達した。1889年旧城下町の範囲を踏襲して市制。1942年浦戸湾岸部を含む市域の拡大により現市域がほぼ形成された。第2次大戦で,市街地の大部分を焼失したが,1955年以降の県人口の減少期にも,高知市への人口集中が進み,市街地の拡大が進行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高知[市]の言及

【土佐国】より

…土州。現在の高知県。土左国,都佐国とも記す。…

※「高知[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高知[市]の関連キーワード森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼宇治

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android