コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンポン Pompon, François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンポン
Pompon, François

[生]1855.5.9. ソーリュー
[没]1933.5.6. パリ
フランスの彫刻家。ディジョンの美術学校,パリの装飾美術学校で学ぶ。初め人物像を制作し,パリ市役所の人像柱などを担当。 1908年ロダンに認められ,22年サロン・ドートンヌに『白い熊』を出品し注目された。その後は単純化された形態,詩情豊かな表現で独特の動物を多数制作。作品の多くはパリの国立博物館,ディジョンの市立美術館に収蔵。

ポンポン
pompon(pompom)

服飾用語で,2つの意味がある。 (1) 玉房飾りのこと。羽毛,絹,毛糸,リボンなどでつくり,帽子や衣服の装飾に用いる。 18世紀にポンパドゥール侯夫人が愛用したことからこの名が起った。 (2) 歩兵用の軍帽であるシャコーの前立てにつける丈の高い房飾り。ウールでつくる。語源は華麗,誇示虚飾などを意味するフランス古語のポンプ pompe。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポンポン(pompon)

毛糸・羽毛などで作った玉房。帽子・靴・洋服などにつけて飾りとする。房飾り。
チアガールなどが手に持って振る、応援用の大きな玉房。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ポンポン【François Pompon】

1855‐1933
フランスの彫刻家。ブルゴーニュ地方ソーリューSaulieuの家具師の息子として生まれ,ディジョンの美術学校に学んだ後,1874年パリに出る。職人として石彫に従事し,メルシエA.Mercié,ファルギエールA.Falguière,最後にロダンのアトリエで下彫工として働く。そのかたわら1908年来,動物彫刻を行い,22年サロン・ドートンヌに《白熊》を出品し好評を博す。その単純な量感と柔らかな光の表現は,A.L.バリー以来の動物彫刻に革新をもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポンポン【pompon】

帽子や洋服・靴などにつけて飾りとする、毛糸などで作った丸い玉。玉房飾り。
応援団の女性などが手に持って打ち振る、毛のふさふさしたような用具。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポンポン
ぽんぽん
Franois Pompon
(1855―1933)

フランスの彫刻家。家具職人の息子としてソーリュウに生まれる。大理石職人の工房で働き、ディジョンの美術学校で建築、彫刻、銅版画を学んだのち、1874年パリに出る。建築の装飾彫刻の仕事に従事しながら、夜はパリ装飾美術学校に学び、このころからサロンに出品。ソルシエ、フェルギエールの助手として働いたのち、ロダンの助手を15年間つとめた。彫刻家として脚光を浴びるのは1922年サロン・ドートンヌに『白熊(しろくま)』を発表したころからである。動物彫刻を得意とし、極度に単純化した形体は清潔な近代感覚に満ちている。パリに没。[黒田亮子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポンポンの言及

【ぽっくり】より

…関東ではポックリ,パッカなどと冒頭の音をp音にする場合が多く,関西ではコッポリ,コボコボ,カッポなどと多くはk音にする。青森県ではガッパ,長野県ではポンポンと呼ぶが,いずれもこの下駄をはいて歩くときの音から名付けられた。江戸時代の《短華蘂葉》(1786)には,〈やきすぎ(焼杉)のこっぽり〉とあり,このころより出現したらしい。…

※「ポンポン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポンポンの関連キーワードプリンス・オブ・ウェールズ日本の遊び・玩具史(年表)桂 ざこば(1代目)桂 ざこば(初代)アスター(キク科)埼玉県比企郡吉見町北摂府立自然公園西山(京都盆地)ポンポンダリアヒャクニチソウピアノ・ガンチアリーダー立花 寿美造フランスギク岩田恵利奈チアダンスKD2,3小言幸兵衛対空火器自然気胸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポンポンの関連情報