市(漢字)

普及版 字通「市(漢字)」の解説


常用漢字 5画

[字音]
[字訓] いち・かう・まち

[説文解字]
[金文]

[字形] 象形
市の立つ場所を示す標識の形。交易の行われる場所には高い標識を樹て、監督者が派遣された。〔説文〕五下に「買賣するものの之(ゆ)くなり」とし、字形について「市に垣り。冂(けい)に從ひ、(きふ)に從ふ。は古なり。物の相ひぶに象るなり。之(し)の省聲」とする。金文の字形は朿(し)と同じく標木を樹(た)てた形で、上に止(之)を加える。止が声符であるのか、意符であるのかは明らかでない。〔唐六典〕に市を「標立候、陳肆(ちんし)辨物」というように、公認の場所に標識を樹て、監督官をおいた。城外近郊の広場などがその地にあてられ、古くはそこで歌垣なども行われた。〔詩(韓)、陳風、東門之枌(とうもんしふん)〕に「(こくたん)(よあけ)に于嗟(うさ)(雨乞いの祈りの声)す 南方の原に 其のを績(つむ)がず 市に婆娑(ばさ)す」というのは、その場所での歌垣を歌うものである。〔周礼、地官〕に「司市」の職があり、その規制の方法が詳しく記されている。またそこで、公開処刑が行われることがあった。

[訓義]
1. いち、交易をするところ。
2. とりひき、あきない。
3. かう、うる、もうける。
4. まち、まちや、都市。

[古辞書の訓]
和名抄〕市人 楊氏語抄に云ふ、市郭の皃、伊知比止(いちひと) 〔名義抄〕市 イチカフ・アキナフ・ハカリ・イチ・カフ/和市 アキナヒカフ 〔字鏡集〕市 ウル・カフ・アキナヒス・ハカリ・サハガシ・アキナフ・イチ

[熟語]
市鬻・市隠・市易・市掾・市怨・市恩市価・市歌・市・市賈・市・市魁・市・市街・市郭・市区・市刑・市券・市戸・市估・市虎・市・市語・市・市獄・市棍・市肆・市司・市師・市事・市日・市舎・市聚・市署・市倡・市城・市上・市食・市人・市塵市井・市正・市声・市征・市船・市租・市狙・市曹・市卒・市中市庁・市長・市朝・市亭・市廛・市店・市・市・市偸・市頭市道・市徳・市陌・市販・市晩・市賦・市物市平・市脯・市房・市民・市名・市門・市邑・市傭・市傭・市利・市吏・市里・市列・市楼
[下接語]
花市・海市・開市・街市・関市・鬼市・帰市・棄市・宮市・墟市・互市・交市・江市・市・港市・獄市・山市・司市・秋市・城市・井市・草市・朝市・都市・市・坊市・貿市・夜市・野市・立市

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android