コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静岡[市] しずおか

百科事典マイペディアの解説

静岡[市]【しずおか】

静岡県中部の市。1889年市制。県庁所在地。大井川上流,安倍川上流,支流の藁科(わらしな)川流域を占めて南北に細長く,北は県の最北端に及び,南は駿河湾に面する。市街は安倍川の扇状地を中心に賤機(しずはた)山南麓に広がり,県の政治・文化の中心地。古くは駿河国の国府があり,府中,駿府(すんぷ)と呼ばれ,戦国時代には今川氏の城下町として発展,碁盤目状の市街ができた。江戸時代は東海道の宿場町として栄え,ここに隠居した徳川家康の死後は城代が置かれた。1869年静岡と改称。城跡の駿府城公園付近は官庁・学校地区,その南に呉服町などの商店街が発達する。古くから下駄(げた),鏡台,ひな人形などの木漆製品や家具,建具などの木工品工業,製茶が盛んである。市の製造品出荷額1兆6353億円(2003)。近年,電気機器工業,出版・印刷,金属製品,パルプ・紙工業も伸びている。茶,ミカンの産が多く,イチゴを特産。東海道本線および新幹線,東名および新東名高速道路が通じ,国立静岡大学登呂(とろ)遺跡久能(くのう)山,賤機山古墳(史跡)などがある。2003年4月,清水市と合併。2005年4月,政令指定都市に移行。区,駿河区,清水区を設置。2006年3月庵原郡蒲原町を,2008年11月庵原郡由比町を編入。1411.90km2。71万6197人(2010)。
→関連項目岡部[町]興津吉川氏静岡[県]清見寺丸子三保松原

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しずおか【静岡[市]】

静岡県中部にある県庁所在都市。1889年市制。人口47万4092(1995)。中心市街地は静岡平野の主体をなす安倍川東岸の扇状地に位置し,市域には山梨・長野両県境付近の安倍川,大井川の上流域や藁科(わらしな)川の流域も含まれ,市では福島県いわき市に次いで全国第2位の広さ(面積1146km2)である。古代には駿河国府が置かれ,国分寺も建立された。鎌倉時代以降,東海道の宿駅,府中宿として発展し,室町時代中ごろから駿府(すんぷ)の名も用いられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の静岡[市]の言及

【駿府】より

…駿河国(静岡県)の城下町。1869年(明治2)賤機(しずはた)山にちなみ静岡と改称した。…

※「静岡[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

静岡[市]の関連キーワード登呂遺跡久能山

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android