相(漢字)

普及版 字通「相(漢字)」の解説


常用漢字 9画

[字音] ソウ(サウ)・ショウ(シャウ)
[字訓] みる・たすける・かたち

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
木+目。〔説文〕四上に「省するなり」とあって、見ることを本義とする。〔詩、大雅、(よくぼく)〕に「其の相を金玉にす」、〔詩、大雅、桑柔〕に「其の相を考へ愼む」とあって、本質が外にあらわれる意であろう。〔詩〕の発想に、樹木の繁茂するさまを瞻(み)ることが、祝頌の意をもつ魂振り的行爲として歌われており、見ることが対者との呪的な交渉に入る方法とされた。相もそのような古代の呪儀を背景とする字であろう。〔書、召誥〕「惟(こ)れ太保(召公(せき))、に先んじて宅(居るべきところ)を相(み)る」は、相地相宅のことであるが、これも古くは呪儀としての行為であろう。

[訓義]
1. みる、みさだめる、くわしくみる。
2. たすける、おさめる、えらぶ。
3. かたち、すがた、ありさま。
4. たすけあう、たがいにする、せわする、あいてする。
5. きねうた、かけあいうた。

[古辞書の訓]
名義抄〕相 アフ・ニル・ミル・カタチ・タガヒニ・トホシ・ハゲム・トブラフ・イフ・ヲサム・ハカル・タカシ・マサ・スケ・ミチビク・ツチシロ 〔字鏡集〕相 マサ・ヲサム・タカシ・タガヒニ・ミチ・タスク・ハカル・ミル・ニル・アル・ミテ・ツチシロ・ヒク・スケ・マサリガホ・アヒミル・カタチ・マコト・ミチビク・トブラフ・ハゲム・アフ・キク・イフ・コモゴモ

[声系]
〔説文〕に相声として箱・想・湘・霜の四字を収め、〔新附〕にを加える。想は相の声義を承ける字であろう。

[語系]
相siang、省siengは声義近く、省は視る、相は省視とする字である。省の初形は目の上に呪飾を加え、その支配する地を巡省視察する意。視るという呪的行為によって、圧服支配する意を含む字である。相は樹木を視る意で、魂振りとしての意をももつ字であろう。

[熟語]
相王・相器・相君・相国・相璽・相者・相婆・相府・相門・相羊・相佯相愛相軋・相異・相違・相因・相於・相悪・相応・相憶・相学・相姦・相看・相嵌・相感・相関・相規・相旧・相偶・相形・相契・相見・相顧・相互・相狎・相剋・相差・相坐・相殺・相参・相思・相視相似・相識・相疾・相襲・相従・相術・相仍・相乗・相親・相人・相生・相声・相属・相続・相存・相対・相宅・相度相知・相当・相馬・相反・相半・相飯・相板・相風・相聞・相片・相墓・相法・相報・相貌・相忘・相撲・相面・相優・相与・相儷・相恋・相和
[下接語]
亜相・位相・異相・家相・観相・奇相・吉相・形相相・険相・賢相・国相・骨相・宰相・事相・色相・実相・首相・諸相・将相・丞相・真相・瑞相・世相・聖相・占相・宅相・地相・内相・人相・皮相・貧相・傅相・福相・仏相・物相・変相・輔相・方相・無相・名相・面相・様相・良相・林相

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android