コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相(生物) そう

1件 の用語解説(相(生物)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

相(生物)【そう】

成育時の条件による動物の型の違いをいう。トノサマバッタは高い個体群密度で成育すると,色が黒く翅が強くて活発な成虫になり,しばしば大群をなして飛来し,蝗害(こうがい)(飛蝗(ひこう))を生じるが,単独で育つと緑色で太った成虫になるなどがその例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

相(生物)の関連キーワード加重平均水生動物性差体節動物動物保険変異無菌動物成育通常飼育動物白筋病

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone