コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分寺(歴史) こくぶんじ

1件 の用語解説(国分寺(歴史)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

国分寺(歴史)【こくぶんじ】

奈良時代に全国66ヵ国と3島(壱岐(いき),対馬(つしま),多【ね】(たね))に建立された,朝廷発願(ほつがん)の寺院。僧寺を金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)と称し,東大寺総国分寺とした。
→関連項目亀岡[市]官寺寺院建築資財帳鎮護国家天王寺天平時代遠江国分寺跡直江津奈良時代奈良仏教藤原広嗣の乱仏教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

国分寺(歴史)の関連キーワード壱岐壱岐水道壱岐市霊亀六十余州壱岐焼酎直玉主売奥平壱岐富田壱岐葛井子老

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone