大和(読み)だいわ

  • 島根県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島根県中央部、邑智郡(おおちぐん)にあった旧村名(大和村(むら))。現在は美郷町(みさとちょう)の南部を占める。旧大和村は1957年(昭和32)都賀行(つがゆき)、都賀の2村と布施(ふせ)村の一部が合併して成立。2004年(平成16)邑智町と合併して美郷町となる。旧村域は広島県に接し、中央を江の川(ごうのかわ)が北流する。川沿いを除いた大部分が600メートル前後の中国山地で占められる。国道375号が通じる。1960年ごろまでは木炭の主産地であった。シイタケやマタタビが特産品であるが過疎化により農家戸数は減少している。町役場大和事務所のある都賀本郷は江戸時代は江の川舟運の河港で、砂鉄や鉄製品などの集散地として繁栄した。江の川では伝統漁法の火振漁によるアユ漁を再現、観光船が出ている。また、江の川沿いに潮(うしお)温泉がある。[野本晃史]
『『大和村誌』上下(1981・大和村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大和の関連情報