力(物理)(読み)ちから

百科事典マイペディアの解説

力(物理)【ちから】

物体の運動状態,あるいは形を変化させる原因。動かされる物体の加速度ベクトルと質量の積で表され,いいかえると物体の運動量の時間的変化に等しい。単位は国際単位系ではニュートン,CGS系ではダイン。力はベクトル量なので,平行四辺形の法則にしたがって合成,分解される(合力分力)。いくつかの物体をひとまとめに考えたとき,その中の物体相互の間にはたらく力を内力,その外からはたらく力を外力という。おもな力として,質量間の万有引力,電荷や磁極の間のクーロン力(クーロンの法則),分子間のファン・デル・ワールス力,核子間の核力などがある。→相互作用
→関連項目応力作用点仕事(物理)斜面(物理)重心(物理)重量(物理)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力(物理)の関連情報