コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香川[町] かがわ

百科事典マイペディアの解説

香川[町]【かがわ】

香川県中部,香川郡の旧町。高松市の南の香東(こうとう)川右岸低地を占め,溜池灌漑(ためいけかんがい)による米・麦・葉タバコ栽培のほか,花卉(かき)園芸,養鶏が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがわ【香川[町]】

香川県中部,香川郡の町。人口2万3324(1995)。北部は讃岐平野南端を占め,北流する香東川により形成された扇状地で,南部は讃岐山脈北麓の丘陵地帯。中央部を国道193号線(塩江街道)が縦貫する。古くから溜池灌漑による純農村地帯であったが,現在は北接する高松市への通勤者が多い。農業は従来からの米,麦に養鶏,イチゴ,花卉,野菜,果樹を取り入れた集約的多角経営となっている。高塚山の山頂にひょうげ祭で知られる水波売(みずはめ)神社がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香川[町]の関連情報