コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香川[県] かがわ

百科事典マイペディアの解説

香川[県]【かがわ】

四国北東部,瀬戸内海に面する県。県庁所在地は高松市。1876.72km2(都道府県中最小)。99万5842人(2010)。〔沿革〕 かつての讃岐(さぬき)国に当たり,江戸時代高松藩(松平氏),丸亀藩(京極氏),多度津藩(京極氏支藩)に分かれ,小豆(しょうど)島などの島々は倉敷代官の支配地であった。1871年多度津藩領は倉敷県,高松・丸亀両藩はともに県となり,同年香川県として統合,愛媛・徳島両県との合併,再分離の後1888年現県域となった。〔自然〕 南部は徳島県との境をなす讃岐山脈が東西にのび,中部以北は台地と丘陵で瀬戸内海に達し,小豆島,豊島(てしま)などを形成,その間に河川の沖積による讃岐平野がある。平野部は四つに分かれ,中央の高松平野が最大。河川は短く勾配が大きいため利用度が低く,灌漑(かんがい)用溜池(ためいけ)が数多く散在。瀬戸内式気候で温暖少雨。〔産業〕 産業別人口構成は第1次7.1%,第2次26.6%,第3次65.4%(2005)。就業人口の約7%が農業に従事するが,規模は小さく兼業が多い。平野部では米作のほか小麦やレタス,タマネギ,キュウリなどの野菜,台地の山麓ではミカン,ブドウ,モモなどの果樹を栽培する。高松市近郊や小豆島などの島々では花卉(かき),植木・盆栽なども作られる。早明浦(さめうら)ダムを水源とする香川用水が1974年から通水されたが,慢性的水不足の解消には至っていない。林業は不振。漁業は漁獲高は少ないが魚種に富み,先進地として知られるハマチの養殖をはじめ,タイ,クルマエビ,ノリ,カキ,真珠の養殖が行われる。かつて盛んであった製塩は讃岐三白の一つとして知られたが,現在では塩田廃止による転用や埋立てにより,臨海部は工場地帯になっている。沿岸都市の高松,坂出,丸亀,観音寺に石油,造船,電機,食品,化学などの工場が立地する。特産に大川郡の手袋,小豆島の醤油,そうめん,各地のうどんがある。主要観光地は瀬戸大橋,琴平町の金刀比羅(ことひら)宮象頭(ぞうず)山瀬戸内海国立公園に属する屋島と小豆島,高松市の栗林(りつりん)公園など。〔交通〕 ほぼ瀬戸内海岸沿いに予讃線と国道11号線,高松自動車道が通じ主要都市を結び,高松から高徳線,高松琴平電鉄各線,多度津から土讃線が分岐する。高松港を中心に阪神との航行もある。1988年には本州四国連絡橋児島・坂出ルート(瀬戸大橋)が開通し,瀬戸大橋線,瀬戸中央自動車道が通じた。1989年新高松空港が完成,ソウルとの航路も開かれ,四国初の国際空港になった。
→関連項目讃岐うどん四国地方

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがわ【香川[県]】

面積=1875.15km2(全国47位)人口(1995)=102万7006人(全国40位)人口密度(1995)=548人/km2(全国11位)市町村(1997.4)=5市38町県庁所在地=高松市(人口=33万1004人)県花=オリーブ 県木=オリーブ 県鳥=ホトトギス四国の北東部に突出した讃岐半島全域と備讃諸島大部分の島々からなる県。南側の大部分は徳島県,西側の一部は愛媛県に接する。
沿革
 近世までの讃岐国にあたり,幕末には高松藩,丸亀藩,多度津藩と小豆(しようど)島など島嶼部(とうしよぶ)に天領があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の香川[県]の言及

【讃岐国】より

…讃州。現在の香川県。
[古代]
 南海道に属する上国(《延喜式》)。…

※「香川[県]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android