ずっと

精選版 日本国語大辞典「ずっと」の解説

ずっ‐と

〘副〙
① 物事をためらわないで、または一層おしすすめて行なうさまを表わす語。また、その事態が、ある範囲のすべてに及ぶさまを表わす語。ずうっと
※史料編纂所本人天眼目抄(1471‐73)六「あらへることをずっと尽して、三際隔らず、表裏も無く、終劫始劫間断ないが正然灯だぞ」
浄瑠璃・凱陣八島(1685頃)四「ふすまの下より手を出し、たぶたぶと引うけ、をしうつぶいてずっとほし」
② 性質・距離・時間などについて、これとあれとの間に、大きな隔たりや差があるさま、はなはだしい開きがあるさまを表わす語。ずうっと。
※史記抄(1477)九「すっとよくなるまではなくとも、甘泉に会せよそ云ぞ」
※詞葉新雅(1792)「ズットアトマデ のちのちまで」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「ずっと新しい者を選んで金色夜叉にしました」
③ ある状態が長い間続くさまを表わす語。始めから終わりまで。その間じゅう。ずうっと。
※土井本周易抄(1477)二「九五までずっと従うたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ずっと」の解説

ずっ‐と

[副]
ほかのものと比べてかけ離れているさま。段違いに。はるかに。「このほうがずっと大きい」「それよりずっと以前の話だ」「駅は学校のずっと先にある」
同じ状況が長く続いているさま。その間じゅう。「友だちのことでずっと悩んでいる」「夏休みはずっと家にいた」
ある範囲内に、残す所なく動作を及ぼすさま。くまなく。隅から隅まで。「広い校内をずっと探しまわる」「町じゅうをずっと見まわる」
ためらわずに、また、とどこおらずに動作をするさま。ずいと。「さあ、ずっとお通りください」
[類語](1さらあとなおまだもっとよりなおさらますます一層一段と余計いやが上にいよいよも少しもう少し然ももうはるかに段違いに余程よほど大分だいぶ・だいぶんうんとぐっとぐんと今一つもう一ついまいち今少しもそっとましていわんや数段層一層しのぐひとしおうたた尚尚なおなおなお以て更なるひときわいや増す尚且つかてて加えてそれどころそればかりかしかのみならずのみならず加うるにおまけにまた且つまた且つこの上その上しかもさてはさなきだに/(2間断なく延延えんえん連綿と不断日頃ひごろ常日頃つねひごろ常常いつも平生へいぜい平素日常平常通常常時常住行住座臥ぎょうじゅうざが常に絶えず終始始終日夜夜昼絶え間ない明け暮れ明けても暮れても寝ても覚めても朝な夕な昼夜をおかず昼夜を分かたず夜を日に継ぐ引き続き綿綿縷縷続続長長脈脈続けざま立て続けぶっ続け次次相次いでじゃんじゃんどしどしきびすを接する芋蔓式引きも切らず引っ切り無し我も我も矢継ぎ早畳み掛けるしょっちゅうのべつずるずるべったりのべつ幕無し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android