コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口[県] やまぐち

2件 の用語解説(山口[県]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山口[県]【やまぐち】

中国地方西端の県。本州最西端にあり,関門海峡を隔てて九州に相対する県庁所在地山口市。6112.30km2。145万1338人(2010)。〔沿革〕 かつての周防(すおう)国長門国の2国の地で,古代には大陸文化が北九州を経て流入した。
→関連項目山陰地方山陽地方中国地方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐち【山口[県]】

面積=6110.08km2(全国23位)人口(1995)=155万5543人(全国25位)人口密度(1995)=255人/km2(全国27位)市町村(1997.4)=14市37町5村県庁所在地=山口市(人口=13万5579人)県花=ナツミカン 県木=アカマツ 県鳥=ナベヅル中国地方の最西部を占め,北は日本海,西は響灘,南は瀬戸内海に臨む県。
[沿革]
 山口県はかつての周防,長門の2国に当たり,幕末には長州藩(山口藩)とその支藩である徳山藩岩国藩,清末藩,長府藩(1869年豊浦(とよら)藩と改称)の5藩があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone