コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口(県) やまぐち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口(県)
やまぐち

中国地方の西部を占める県。東は島根・広島両県に接し、北は日本海、西は響灘(ひびきなだ)、南は瀬戸内海に面し、三方を海で囲まれている。南西部は狭い関門海峡を隔てて九州と相対し、響灘、玄界(げんかい)灘を越えて朝鮮半島へも近く、北九州とともに大陸への門戸的位置を占め、また西日本における海陸交通の要地として重要な地域的機能を果たしてきた地方である。面積は6113.95平方キロメートル、県庁所在地は山口市。
 古代、周防(すおう)、長門(ながと)2国からなり、中世は大内氏、近世は毛利(もうり)氏によって統治され、明治以降もその領域は変わらず比較的まとまった地域として発展してきた。長く農水産業が中心で、産業の近代化はやや遅れたが、大正期以降、下関(しものせき)や宇部(うべ)、小野田の工業化が進み、さらに昭和10年代以後、内海沿岸各地に重化学工業の立地をみた。一方、日本海沿岸は農水産業への依存度が高い。海底トンネルや関門橋などによって関門海峡を隔てた北九州と直結しているため、文化、経済、産業上も北九州圏との関係が深い。
 明治以降の人口の趨勢(すうせい)をみると、1876年(明治9)の84万は1925年(大正14)に109万、2000年(平成12)には152万7964となった。120年間に約2倍の増加であるが、全国人口が3倍以上の増加であるのに比べると低調で、人口流出県である。1958年(昭和33)には162万に達したが、以後1970年に151万まで減少し1971年からわずかながら上昇に転じて1985年には160万まで回復したが、その後は減少している。2005年の人口は149万2606。人口分布は内海沿岸に集中し、山陽本線沿いの市部の人口が総人口の78%を占めていた。2010年の人口は145万1338。
 2002年4月の時点で、14市11郡37町5村からなっていたが、平成の大合併を経て、2010年10月現在では、13市4郡6町に再編された。[三浦 肇]

自然


地形
中国山地は西へ向かうにつれて高度を減じ、県域の大部分は高原状の山地や丘陵地である。
 広島、島根県境には中国脊梁(せきりょう)山地の一部をなす1000メートル級の寂地(じゃくち)山や平家岳、莇(あざみ)ヶ岳など起伏の大きい山地があり、その延長に600~700メートルの鳳翩(ほうべん)山などの分水界山地が連なる。分水界山地よりやや低い300~500メートルの周防山地、長門山地などは中国地方の吉備(きび)高原面に相当し、侵食谷によってさらに小さく分かれる。瀬戸内沿岸に広く発達する100~300メートルの周南(しゅうなん)丘陵や長門丘陵は、瀬戸内面とよばれる侵食小起伏面に相当する地形で、長門丘陵のうちでもとくに宇部・厚狭(あさ)丘陵はその標式地として知られる。長門丘陵の内陸には約130平方キロメートルにわたってカルスト地形が発達する日本最大の石灰岩台地秋吉台(あきよしだい)がある。
 自然公園は、県南東部の多島海景観を中心に関門海峡付近までの地域が瀬戸内海国立公園の一部をなし、県北東部の大起伏山地と渓谷美に優れた寂地山、小五郎(こごろう)山などが西中国山地国定公園に、日本海沿岸北端の須佐湾一帯から萩(はぎ)海岸を経て青海(おうみ)島、油谷(ゆや)半島、角(つの)島にわたる海食景観が北長門海岸国定公園に、カルスト高原秋吉台と鍾乳洞(しょうにゅうどう)の秋芳(あきよし)洞(ともに特別天然記念物)を含む地域が秋吉台国定公園に指定されている。なお、県立自然公園には石城(いわき)山、長門峡(ちょうもんきょう)、豊田(とよた)、羅漢(らかん)山の四つがある。[三浦 肇]
気候
中国地方に一般的な山陰型、中国山地型、山陽型の気候上の特徴が、山口県ではそれぞれ漸移的に北九州型の気候へ移り変わる。三方を海に囲まれ、高い山地もないので、気温も降水量も沿岸から内陸山間地へ向かって温暖少雨から冷涼多雨へと高度に応じて同心円状に変化する。日本海沿岸は山陰型に属し、概して冬の季節風が強く、曇天や雨雪が多いが、対馬(つしま)暖流の影響もあって気温の較差は小さく温暖で、年平均気温は15~16℃。内海沿岸は山陽型に属し、東部ほど冬季の日照時間が多く温暖で季節風の影響も少ない。平均気温15~16℃。山間部は中国山地型に属し、高地ほど冷涼で年平均気温は15℃以下である。夏季には台風による風水害も多い。[三浦 肇]

歴史


先史・古代
県内の数か所から旧石器時代の石器が出土しているが、確かな居住開発は新石器時代に入ってからで、縄文時代の土器や石器の発見地は40か所以上あるが、遺跡の規模は小さい。主要遺跡は平生(ひらお)町岩田、山口市美濃ヶ浜(みのがはま)などいずれも海岸にあり、出土遺物の特徴から瀬戸内系と九州系の両方の縄文文化が交錯していることがわかる。大陸に近いこの地方では稲作農耕文化は響灘沿岸にまず定着し、しだいに内陸へと展開した。弥生(やよい)前期の大集落址(し)が発掘された綾羅木郷(あやらぎごう)と、多紐(たちゅう)細文鏡や細形銅剣を出土した梶栗浜(かじくりはま)の両遺跡は下関市北郊にあり、弥生人骨300体余が発見された下関市豊北(ほうほく)町の土井ヶ浜(どいがはま)遺跡は日本人の起源や当時の生活、習俗を知る重要な遺跡である。大和(やまと)政権による統合が進むにつれ、古墳は瀬戸内沿岸に多く築造された。主要な前方後円墳には、日本最大級の単頭双胴怪獣鏡を出土した柳井(やない)市茶臼山(ちゃうすやま)古墳、県下最大の全長125メートルの平生町白鳥(しらとり)古墳、天王日月四神四獣鏡を出土した周南(しゅうなん)市竹島の御家老屋敷(ごかろうやしき)古墳、被葬者が百済(くだら)王子琳聖(りんしょう)太子との伝承をもつ防府(ほうふ)市大日(だいにち)古墳などがある。また1975年(昭和50)から発掘され、弥生期から古墳期の墳墓形態をもつ山口市朝田(あさだ)墳墓群は畿内(きない)型古墳の影響がみられるものの、在地性の濃い西日本に珍しい大墳墓群として注目される。
 奈良時代の律令(りつりょう)制下に山口県域には周防と長門の2国が成立し、周防国府は沙麼県(さばのあがた)の置かれていた防府市佐波令(さばりょう)に、長門国府は仲哀(ちゅうあい)天皇穴門豊浦宮(あなとのとよらのみや)の地である下関市長府に置かれた。条里型地割の遺構は、小規模であるが約40か所の条里区が知られている。防長両国は銅産国でもあり、鋳銭司(じゅぜんのつかさ)が置かれた。710年(和銅3)ごろ長門国府に付設した鋳銭工房で和同開珎(わどうかいちん)を鋳造したが、827年(天長4)ごろ周防国に移し、山口市陶(すえ)の地で約150年間に皇朝十二銭のうち8種が鋳造された。また、古代の銅産地の美祢市美東町(みとうちょう)長登(ながのぼり)には銅製錬の遺跡があり、奈良東大寺の大仏の鋳造用の銅を産出したことが近年の発掘調査でわかった。平安末期、内海海賊の鎮圧に功をあげ、西国一帯に多くの所領を有して中央に強大な勢力を誇った平家一門は、源氏によって京都を追われ、1185年(文治1)瀬戸内海の西端の壇之浦(だんのうら)で滅亡した。[三浦 肇]
中世
1186年周防国は東大寺の造営料国となり、大勧進重源(だいかんじんちょうげん)がくだり、以後長く東大寺領として大勧進が国司上人(しょうにん)として国務を管理した。南北朝期、大内氏が国府在庁官人から台頭して周防守護職となった。1355年(正平10・文和4)大内弘世(ひろよ)は長門守護職厚東(ことう)氏を滅ぼし、防長2国を領有し、山口に守護所を設けて京都に模した街づくりをした。その子義弘(よしひろ)はさらに石見(いわみ)、豊前(ぶぜん)、筑前(ちくぜん)にも勢力を伸ばし、義興(よしおき)のときには和泉(いずみ)、紀伊をも領有して7国の大守となり、室町幕府の管領代(かんれいだい)として中央にも進出した。大内氏は海外貿易を独占して経済的基盤を培い、その府下山口は「西の都」とよばれるほどの繁栄を極めた。1550年(天文19)山口を訪れたスペインの耶蘇(やそ)会士フランシスコ・ザビエルは、1553年大道寺に教会堂を建てて布教に努めたが、このころの山口は戸数1万以上を数えたと伝えられている。小田原と並ぶ中世城下町であり、堺(さかい)や博多(はかた)とともに西日本有数の貿易都市であった。1551年大内氏は家臣の陶晴賢(すえはるかた)の反逆によって滅び、陶氏もまた毛利元就(もとなり)に敗れて自刃した。やがて中国8か国の大守となった毛利氏も関ヶ原の戦い以後、防長2国に減封された。[三浦 肇]
近世
1604年(慶長9)広島から山陰沿岸僻陬(へきすう)地の萩に移った毛利輝元はここに城下町を建設し、防長両国の経営に腐心した。毛利秀元(ひでもと)を西境の豊浦(とよら)郡の豊浦藩(長府(ちょうふ)藩)に封じ、吉川広家(きっかわひろいえ)を玖珂(くが)郡に配して東境の押さえとし、藩体制の整備を進めた。藩法「万治(まんじ)制法」の制定、藩治職制の確立を急ぎ、地方行政に関しては本藩領を18の宰判(さいばん)に分け、藩府からは郡奉行(こおりぶぎょう)のもとに代官が派駐された。藩は殖産興業に深く意を用い、荒蕪(こうぶ)地の開拓、沿岸低地の干拓地造成が盛んに行われた。その結果、藩領総高は宝暦(ほうれき)検地(1761)では86万石余に達した。とくに内海沿岸では大規模な干拓が行われたが、そのなかには塩田も多く、なかでも三田尻(みたじり)塩田は防長塩業の中心をなした。西廻(にしまわり)航路の発達に伴い、各地に港町の発展をみ、下関、中関(なかのせき)、室積(むろづみ)などの港は廻船(かいせん)の出入りでにぎわった。米や塩のほか防長四白として有名な生蝋(なまろう)や紙も山間農村で盛んに製造された。一方、藩は各地の特産物を買い上げる「御内用産物方」を設け、専売制の強化を図ったが、これに反発する農民たちにより1831年(天保2)一揆(いっき)が頻発した。
 幕末、長州藩は開国と攘夷(じょうい)をめぐって揺れ、馬関攘夷戦の敗退、京都蛤御門(はまぐりごもん)の変(1864)での敗戦から二度の長州征伐を経て、1869年(明治2)長薩(さつ)土肥4藩の版籍奉還に至った。明治維新の大変革を推進した高杉晋作(しんさく)、伊藤博文(ひろぶみ)ら多くの人材が萩の松下村塾(しょうかそんじゅく)から輩出したことは特筆さるべきであろう。[三浦 肇]
近・現代
1871年の廃藩置県で山口、岩国、豊浦(とようら)、清末(きよすえ)の4県が置かれ、やがて統合されて山口県が成立した。
 明治前期に岩国に製糸工場、小野田にセメント工場や化学工場が設立されるなど近代工業の萌芽(ほうが)がみられたが、大正期までは農業県として推移した。その後、沿岸各地の工業化が進展するにつれて、農家数も大正初年の13万5000戸を最高に減少傾向をたどった。江戸期に商品作物として各地にみられたナタネ、ワタ、アイなどの栽培や養蚕は昭和期に入って減少し、一方、士族授産によっておこった萩地方の夏ミカンや、すでに江戸後期に始まった大島地方の温州(うんしゅう)ミカンの栽培が盛んになった。第一次世界大戦を機に、内海沿岸には大工場が進出し、下関、宇部、防府、徳山、下松(くだまつ)、岩国などが工業都市として発展した。とくに江戸期から石炭産地であった宇部、小野田では明治後期に海底炭田の開発に乗り出し、1940年(昭和15)には423万トンの石炭を採掘した。大正末年ごろを境として工業生産額が農業生産額を上回るようになり、昭和期に入ってとくに化学工業を中心に工業県へと産業構造の近代化を遂げてきた。第二次世界大戦中には石油、金属、機械の工業部門も強化され、昭和30年代のエネルギー革命期にはいち早く、岩国や周南(しゅうなん)に石油化学コンビナートの形成をみた。近年、宇部、小野田にも石油化学工業が加わり、山口県は全国有数の石油基地となっている。[三浦 肇]

産業

県の産業の中心は、大正期まで稲作主体の農業であったが、昭和期に入って工業化が急速に進展した。1930年(昭和5)の農業人口は全就業者人口の50%、工業人口は12%であり、農業が依然県の重要産業であった。農業人口と工業人口が同率を占めるようになるのは高度経済成長期の1970年代である。
 一方、海に囲まれた山口県では江戸末期に内海漁民が対馬(つしま)近海へ出漁しており、鯨組も組織されていた。明治以降も朝鮮近海の漁場開発に乗り出し、朝鮮半島沿岸に移住漁村をつくったのも山口県漁民が多かった。仙崎におこった日本海捕鯨も発展して日本捕鯨業の中心となって、南氷洋捕鯨に活躍した。西日本における近代漁業の発達のなかで、水産県山口の果たした役割は大きいものがあった。
 山口県産業の特質は伝統的な農業県から明治・大正期を経て農水産県として発展し、石炭や石灰石を利用し、北九州工業地帯の影響下に、昭和期を通じて工業県として大きく変貌(へんぼう)を遂げてきたといえるであろう。[三浦 肇]
農林業
平野の少ない山口県は藩政期に造成された干拓地などを含めても、平野(台地、低地)面積は県総面積の16%程度である。2000年(平成12)の『世界農林業センサス』によると農業関連の土地利用は以下の通りである。なお( )内は1995年の数値を示している。耕地面積は4万1200ヘクタール(4万5700ヘクタール)、耕地率は6.7%(7.5%)で、水田3万5000ヘクタール(3万8000ヘクタール)、普通畑3200ヘクタール(3700ヘクタール)、樹園地2900ヘクタール(3500ヘクタール)、全国的には畑地の少ない県である。農業産出額は1994年に1164億円であったが、2003年には777億円に減少している。内訳は米が42%を占め、ついで畜産27%、野菜18%、果樹6%の順となっている。農家数は減少を続けていて、1995年の6万3000戸から2000年にはさらに5万2000戸に減少、また農業就業人口も1995年の8万4000人から、2000年は5万8000人と減少している。農業従事者の老齢化、経営規模の停滞などもあり、農業所得の伸びも鈍化している。
 米作はかつて沿岸の小平野や小盆地が良質の防長米の産地として知られたが、第二次世界大戦後は土地改良や栽培技術の革新によって、内陸山間盆地の下関市豊田(とよた)町地区、美祢市秋芳(しゅうほう)町地区などが安定した米産地となっている。下関市はもっとも早く近郊農業の発達をみた所で、ネギ、レタス、ホウレンソウ、ナス、トマトなど全県第一の生産をあげている。そのほか山口市のイチゴやメロン、タマネギ、宇部市のキュウリ、キャベツ、岩国市の蓮根(れんこん)、ゴボウ、萩市のスイカなどがよく知られている。果樹は作付面積が減少傾向にあり、大島地方の温州ミカンも萩地方の夏ミカンも生産過剰で、とくに温州ミカンは1979年(昭和54)から3回にわけて生産抑制計画が実施され、イヨカンやハッサクなどへの転換が進められている。
 林野面積は43万6000ヘクタール(2000)で、34万3000ヘクタールが私有林である。林家数は3万3000戸(2000)であるが、経営規模5ヘクタール以下の戸数が76%を占め零細である。竹林は日本海沿岸にわずか分布するが、全国2位の竹材生産県である。林野副産物のマツタケは山口市と岩国市の花崗(かこう)岩地が主産地。[三浦 肇]
水産業
屈曲に富んだ海岸線をもつ山口県の沿岸には多くの漁港が発達している。現在日本海側に約50、内海側に約60の漁港あるいは漁業地があり、萩、仙崎、下関などは遠洋漁業の基地ともなっている。しかし、沿岸の魚族資源の減少、若年労働力の流出と漁民の老齢化、沿岸の工業都市化に伴う漁場汚染などにより水産業は厳しい状況にあり、養殖漁業への転換が図られつつある。海面漁業の漁獲量は2003年では5万3000トン(1994年は約12万トン)で、東シナ海区がその70%以上を占めている。漁業生産額は2003年では249億円(1994年は496億円)に達する。瀬戸内海区の漁業は、周防灘でのエビやカレイ、ナマコ、貝類を漁獲する小型底引網がもっとも多く、東部の島嶼(とうしょ)沿岸ではタイ、タチウオ、アジなどの一本釣りやイワシの船引網が盛ん。おもな漁港に久賀(くか)、安下庄(あげのしょう)、上関(かみのせき)、室積(むろづみ)、粭島(すくもじま)、防府、宇部などがある。東シナ海区では下関漁港を基地とする巻網や以西底引網、沖合底引網などにより、アジ、サバ、フグなどが水揚げされ、韓国輸入魚も増えている。ついで萩と仙崎が日本海漁業の二中心をなし、沖合底引網、揚操(あぐり)網、棒受(ぼううけ)網、敷網などが行われ、アジ、イワシ、ブリ、イカ、シイラなどの水揚げが多い。内海沿岸の秋穂(あいお)はクルマエビ養殖の発祥の地といわれ、いまでも盛んである。ここには1963年に日本最初の種苗センターとして開設された県内海栽培漁業センターがある。日本海側では青海(おうみ)島に県外海栽培漁業センターが、阿武町に外海第二栽培漁業センターがある。水産加工は萩、仙崎、防府、下関でかまぼこ製造が盛んであり、下関のふく料理は山口県の味覚として全国に知られている。[三浦 肇]
鉱業
山口県の採鉱の歴史は古く、古代の防長2国は銅産出国として知られた。近世も藩営の一ノ坂銀山、阿川山(あがわやま)砂鉄、白須山(しらすやま)製鉄場などがあり、舟木(ふなき)・宇部地方の石炭は製塩などの燃料用に採掘された。明治以降近代技術が導入されて各種鉱山の本格的開発が始まったが、埋蔵量が少なく小規模なため盛衰が著しい。鉱山数は1995年の24から、2004年には16に減少している。タングステン、セメント用の珪石(けいせき)、石灰石、鋳物用の珪砂、耐火煉瓦(れんが)用のろう石、石炭などが主要な鉱産物である。山口県化学工業の基礎原料として重要だった硫化鉱の河山鉱山は1978年閉山し、また宇部の石炭系化学工業を生み出した宇部炭田や無煙炭の大嶺(おおみね)炭田もエネルギー革命によって1970年代にすべての炭鉱が閉山した。[三浦 肇]
工業
山口県の工業は重化学工業に特色がある。1994年の製造出荷額は4兆8100億円で全国の22位、1993年以降は伸び率は停滞しているが、2003年には5兆1415億円となり、全国20位と順位が上昇している。出荷額のうち化学工業が28%を占め、ついで輸送機械18%、石油製品15%、鉄鋼業10%の順で、いずれも高能率の大工場が多い。事業所数では食品、金属、窯業、木材の順となっている。地域的にみると、1964年に工業整備特別地域に指定された周南(しゅうなん)工業地域が全県工業出荷額の36%を占め、県を代表する重化学工業地域を形成している。この地域は第二次世界大戦前に豊富な塩と石炭を利用してソーダ工業がおこり、戦後は徳山市(現周南市)の石油精製工場を中心に石油化学コンビナートが成立した。光(ひかり)市は鉄鋼と薬品、下松市は鋼板、車両、石油精製の工場があり、防府市は化学繊維や肥料工場に加えて、近年自動車工場が進出した。宇部・小野田工業地域は化学肥料、ソーダ工業、美祢(みね)市産出の石灰石を利用するセメント工業が中心で、新しく石油精製工場も加わった。下関地域は造船業や、水産加工を中心とする食品工業が盛んで、金属、ゴム、鉄鋼、化学工業などの工業も発達している。岩国・和木(わき)地域は広島県大竹市の化学工場と結ばれ、日本最初の石油化学コンビナートが成立した所で、早くから錦(にしき)川の水を利用するパルプ工業、化学繊維工業が発達した。日本海沿岸にはみるべき近代工業はなく、阿武地方の耐火煉瓦工場、近世以来の伝統工業である萩焼などのほかは萩市や長門市の水産加工業がおもなものである。
 地場産業として特筆すべきものに赤間硯(あかますずり)と萩焼がある。赤間硯は下関市から宇部市にかけて産出する輝緑凝灰岩を原石とし、現在は宇部市万倉(まぐら)の岩滝で採掘している。色彩の美しさと彫刻の巧緻(こうち)さで知られている赤間硯の創始は鎌倉時代ともいわれるが、江戸時代、長府藩御用硯師に大森家があり、西国の要港として赤間関(下関市)が発展するとともにしだいに下関商人によって全国に広まった。萩焼は一楽(らく)二萩三唐津(からつ)といわれ、茶陶として珍重されてきた。江戸時代初期萩藩御用窯として始まり、萩市松本の坂窯や三輪(みわ)窯、長門市深川(ふかわ)の坂倉窯、坂田窯が江戸時代からの古窯で、明治になって山口市宮野の松緑(しょうろく)窯が定着した。蹴(け)りろくろを使う伝統的な技法が受け継がれているが、重油窯による製品も増えている。現在100以上の窯元があり、高級品の抹茶器、煎茶(せんちゃ)器のほか、置物、花瓶、日常雑器も生産されている。[三浦 肇]
開発
県の産業、経済構成は瀬戸内側に偏在している。これからは内外の変動に対して適応性のある、国際競争力をもった産業複合体をつくることが必要である。近年、8地域からなる広域生活圏構想や県土交流一時間圏構想、ハイテク産業技術の集積を目ざす宇部テクノポリス構想などが推進され、その一部は実現しつつある。この圏域内には各種工業の集積があり、基幹資源型工業開発のモデル地域でもあり、先端技術産業の開発と導入を図り、ファインケミカルズ(医薬品)、コンピュータ産業、新素材、複合材、IC産業などの生産額が増加しつつある。圏域を山陽新幹線、国道2号、中国自動車道が貫通し、県営山口宇部空港も近く、交通網は整っており、山口大学工学部、山口東京理科大学、山口県メカトロ技術センターなど研究機関も充実しつつある。
 なお、県では1998年から新しい開発計画「やまぐち未来デザイン21」を進めている。[三浦 肇]
交通
九州と近畿を結ぶ海陸交通の要地にあたるため、古代から山陽道と山陰道が合流し、瀬戸内や西海の諸航路の集まる所であった。1901年(明治34)山陽本線(当時は山陽鉄道)が開通し、1905年関釜(かんぷ)連絡船が就航して下関市は大陸への門戸となった。大正末年には山陰山陽連絡の山口線、美祢線などが通じたが、山陰本線の全通はようやく1930年(昭和5)であった。第二次世界大戦中の1942年には関門海峡の海底を関門鉄道トンネルが貫通、1958年(昭和33)に関門国道トンネルが開通した。九州と本州が結ばれたことは日本交通史上のみならず、世界的にも画期的なことであり、西日本における産業、流通圏に大きい影響を与えることになった。1973年、吊橋(つりばし)の関門橋を含む関門自動車道が完成した。1975年には山陽新幹線が新設され、新関門トンネル(延長18.7キロメートル)も貫通した。続いて1983年、中国縦貫自動車道が県内陸部を貫いて全通し、1992年(平成4)には、山陽自動車道県内全線(山口―岩国間)が開通し、高速時代の新しい交通網の整備が進んだ。
 県営山口宇部空港はジェット機が就航、東京―宇部間を1時間30分で結んでいる。港湾は重要港湾6、地方港湾23を数え、下関、宇部、徳山下松、岩国、三田尻中関、柳井、萩の各港が入港船舶数、貨物輸送量とも大きい。[三浦 肇]

社会・文化


教育文化
藩校には本藩の長州藩に明倫館(めいりんかん)があり、各支藩にも岩国の養老館、長府の敬業(けいぎょう)館などがあったが、吉田松陰(しょういん)の私塾であった萩の松下村塾からは明治維新や明治新政の推進に活躍した人材が多く育った。学制公布直前の山口県下の教育施設の普及率は長野県と並んで高く、庶民教育が広く浸透していた。藩校山口明倫館は1870年(明治3)に山口中学、のちに県立山口中学校となり、1894年に山口高等学校と改称された。初代校長は後の文部大臣岡田良平、教授の一人に西田幾多郎(きたろう)がいた。
 2008年(平成20)現在、国立山口大学、山口県立大学、下関市立大学、私立の徳山大学、梅光(ばいこう)学院大学、東亜大学、山口東京理科大学、宇部フロンティア大学、山口福祉文化大学、山口学芸大学、独立行政法人水産大学校、大島商船・宇部工業・徳山工業の国立3高専、私立の5短大などがある。文化社会教育施設としては明治・大正期から全国的にその活動を知られた県立山口図書館、全国初の公文書館である山口県文書館をはじめ、山口博物館、県立美術館、岩国徴古館、萩市の郷土博物館、秋芳町の秋吉台科学博物館、下関市の土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム、宇部市常盤(ときわ)公園の野外彫刻美術館など特色あるものが多い。放送機関にはNHK山口放送局とKRY山口放送、TYSテレビ山口、YAB山口朝日の4局のほかにエフエム山口などがある。[三浦 肇]
生活文化
山口県の方言は西日本方言圏に含まれ、九州方言圏と区別される。古来北九州と畿内(きない)を結ぶ文化廊下の役割を担ってきた地域であり、近畿との交流が深い。県内の分水界山地も低く、人文交流上の障壁性は少なく、山陽・山陰間の言語上の南北差はあまりない。大内氏、毛利氏の統治を通じて共通性の広い「長州弁」あるいは「山口弁」といわれるお国ことばが形成された。「おいでませ」「のんた」「であります」に象徴される山口方言は、九州方言に比べて明らかに柔らかい響きをもち、京ことばの影響があるともいわれる。近畿と共通する方言として、から(体格)、おおこ(天秤棒(てんびんぼう))、おいど(尻(しり))、こける(倒れる)、ごつい(大きい、武骨)など多くのものがあげられ、中国地方共通の方言には、たお(峠)、いたしい(気の毒)、はぶてる(すねる)、くじをくる(しかる)などがある。山口県内でもたとえば、稲むらの語形も「のう」「ぐろ」(周防)と「としゃく」(長門)に分かれ、「たくさん」を意味する語形も「えっと」(周防)、「じょうに」(長門)、ていねいな表現の「見せなさい」も「見せさんせー」(周防)と「見せさん」(長門)となり、東部と西部の小方言区に分かれる。
 伝統的な農家の基本形は寄棟造整型四間取りである。かつては藁葺(わらぶ)きであった屋根も明治以降内海沿岸で黒瓦(がわら)が多く用いられ、内陸から山陰側ではほとんどが赤い光沢のある耐寒性の石見(いわみ)瓦にかわった。現在でも山陽と山陰を結ぶ山口線や美祢線沿いでは、こうした風土を反映した民家景観の変化を見ることができる。農家の間取りも藩政時代は厳しい規制があって、本百姓は四間取り(田の字型)であった。玄関(入(はい)り口)を入った土間を「にわ」といい、表の間、上(かみ)の間、台所(よこざ)、奥の間(ねま)の4間からなり、さらに六間取りではそれに、中の間、納戸(なんど)が加わったもの(サの字型)になる。
 正月を迎える風習には各地にさまざまのものが伝えられている。大晦日(おおみそか)の夜、氏神に餅(もち)を持って参詣(さんけい)する「年の夜参り」が東部の島々や周防各地にあり、周防大島町屋代(やしろ)の志度石妙見(しどいしみょうけん)社のように籠(こも)り堂の炉を囲んで元旦(がんたん)を迎える所もある。小正月(こしょうがつ)にはどんど焼(左義長(さぎちょう))が行われ、正月飾りなどを集めて焚(た)き、餅を焼いて食べると風邪(かぜ)をひかない、書初(かきぞ)めをくべて高く舞い上がると字が上手になるといい、神社の境内や学校の校庭を利用する子供たちの行事となっている。熊毛群島の祝(いわい)島や八(や)島では長く切替畑(きりかえばた)と牛の放牧が行われてきたが、明治以降切替畑は廃れて、放牧だけが1992年(平成4)廃止されるまで続けられてきた。八島ではこれを「牧畑(まきはた)」とよんでおり、1月4日には正月飾りを山の牧場で焼いて、餅を牛に食べさせる「ねがり」という風習を伝えていた。
 春から夏への行事では田植祭があり、花笠(はながさ)をつけて踊る華やかな「囃田(はやしだ)」の行事はわずかに岩国市平田や萩市須佐の上三原(かみみはら)などで伝えられているにすぎない。下関市住吉神社のお田植祭は下関市農業祭に組み入れられ、典雅華麗な祭典として復活した。古くからの夏越(なごし)の行事として、内海沿岸の農村で7月中・下旬に牛を海に引き入れて水浴させる「さばら」とよぶ伝統的な行事がある。一方、漁村の行事では萩市玉江浦(たまえうら)の和船競漕(きょうそう)「おしくらごう」が6月に行われる。4組の青年宿の若者たちが4隻の五丁櫓(ろ)の和船に乗り組み、海上8キロメートルの勝敗を争う雄壮な海の祭礼である。旧暦6月17日には県下各地の厳島(いつくしま)神社で安芸(あき)の本社と同様の管絃祭が行われる。漁民休息の日で、豊漁祈願の祭礼が行われる。7~8月は県下各地で多彩な夏祭が繰り広げられる。約10万個の紅提灯(ちょうちん)が火のトンネルをつくる山口ちょうちん祭、600年伝承された鷺舞(さぎまい)が奉納される山口八坂(やさか)神社の祇園(ぎおん)祭、神功(じんぐう)皇后の故事にちなむ下関忌宮(いみのみや)神社の数方庭(すおうてい)祭、藩主御座船を模した山車(だし)や神輿(みこし)が繰り出す萩住吉神社のお船謡(ふなうた)祭など地方色あるものが多い。国東(くにさき)半島伊美(いみ)別宮八幡宮の神輿の海上13里の渡御を迎えて、4年に一度行われる上関(かみのせき)町祝島宮戸八幡宮の神舞(かんまい)(県無形文化財)では古式ゆかしい24種の岩戸神楽(かぐら)が奉納される。盆踊りは島嶼部に素朴な形でよく残り、都市では観光化される傾向がある。宇部市居能(いのう)の盆踊りは古い口説(くどき)や振が伝承された優れた郷土芸能である。11月の農村行事に「いのこ」がある。大島郡や周防各地、萩市や旧阿武(あぶ)郡、下関市などにみられ、旧暦10月最初の亥(い)の日に子供たちが「いのこの歌」を歌いながら、収穫感謝と無病息災を祈願して、亥の子石を縄で結んで農家の庭をついて回る。こうして冬に向かい、正月の準備が始まる。[三浦 肇]
文化財
重要なものをあげると、国指定重要文化財のうち、社寺建築では大内時代の山口市瑠璃光(るりこう)寺五重塔、鎌倉時代の下関市功山(こうざん)寺仏殿、大内時代の下関市住吉神社本殿は国宝として文化史上貴重である。山口市には平清水(ひらしみず)八幡宮本殿、今八幡宮の本殿・拝殿・楼門、八坂神社本殿、洞春寺(とうしゅんじ)の観音(かんのん)堂・山門など鎌倉時代や大内時代のものが集中している。そのほかには下松市の閼伽井坊(あかいぼう)多宝塔、光市の石城(いわき)神社本殿、山口市の月輪(がちりん)寺薬師堂などが注目される。住宅建築では旧厚狭(あさ)毛利家萩屋敷長屋や熊谷(くまや)家住宅など特色ある武家・商家の住宅が、城下町であった萩市に多く、萩市堀内地区・平安古(ひやこ)地区・浜崎・佐々並市(ささなみいち)は柳井市古市金屋とともに、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。彫刻では防府市阿弥陀(あみだ)寺の木造重源坐像(ちょうげんざぞう)、下関市国分寺の木造不動明王立像、萩市大照院の木造赤童子立像、山口市神福寺の木造十一面観音立像、防府市国分寺の木造四天王立像などは傑出した逸品である。
 国指定重要有形民俗文化財としては、周防大島町久賀と山口市徳地岸見に残る石風呂(ぶろ)、防府市三田尻塩田の製塩用具、長門市の北浦捕鯨用具、防府市阿弥陀寺の湯屋、長門市赤崎神社楽桟敷(がくさじき)などがあり、それぞれの時代の生活文化を伝える貴重なものである。[三浦 肇]
伝説
山口県西部には至る所に「神功(じんぐう)皇后」の伝説がある。熊襲(くまそ)討伐のために九州に遠征した仲哀(ちゅうあい)天皇は、新羅(しらぎ)を先に誅(ちゅう)せという神託に従わず、神罰により橿日宮(かしびのみや)(福岡市)で急死した。遺体は神功皇后が華山(げさん)(下関市)の西の嶽に葬り、その地を伏拝(ふくはい)の峰と名づけた。皇后は豊浦宮(とようらのみや)(下関市豊浦町)という斎宮(いつきのみや)を建てて、喪に服していると、新羅を討つべしと重ねて神託があった。皇后は壇之浦の海神に七日七夜戦勝を祈願し、「干珠(ひたま)・満珠(みつたま)」の宝珠を借りて出陣した。干珠は潮を干し、満珠は潮を満たす秘宝で、そのおかげで無事に凱旋(がいせん)することができた。壇之浦北部にある干珠(かんじゅ)島、満珠(まんじゅ)島の二つの美しい島は宝珠ゆかりの島と伝えている。平家一門が最期を遂げた壇之浦を指呼の間に見る長府(下関市)から彦島にかけて、「平家落人(おちゅうど)」に関する哀話や伝説が多く残る。『吾妻鏡(あづまかがみ)』には「先帝(安徳(あんとく)帝)つひに浮ばしめたまはず」とあるが、下関市の赤間神宮社地に「安徳天皇阿弥陀寺陵(あみだじりょう)」が存在する。この陵に納められた遺体は、漁師の網にかかったものと伝承されている。平家武将たちのしかばねを集めたという平家七盛塚も同神宮の一隅にある。
 周防・長門2国を支配した大内義隆は家臣の陶晴賢(すえはるかた)に謀られて自刃したが、陶軍が攻め込んだとき、義隆は能『田村』を楽しんでいた。大内氏滅亡後、居宅だった築山館(つきやまのやかた)跡でこの曲を謡うと、庭園の古井戸から白馬に乗った装束姿の武士が現れると伝えられ、いまでも山口ではこの曲を謡うことを禁じている。現在の山陽小野田市には昔、「寝太郎」という怠け者がいた。その寝太郎があるときにわかに働きだし、厚狭川に堰(せき)をつくって湿地の千町ヶ原を美田にかえ、大長者になったといい、寝太郎権現(ごんげん)、寝太郎稲荷(いなり)に祀(まつ)られている。[武田静澄]
『『山口県文化史』(1963・山口県) ▽山口県編・刊『山口県政史』上下(1971) ▽三坂圭治著『山口県の歴史』(1971・山川出版社) ▽宮本常一・財前司一著『日本の民俗35 山口』(1974・第一法規出版) ▽松岡利夫・古川薫著『山口の伝説』(1979・角川書店) ▽『日本歴史地名大系36 山口県の地名』(1980・平凡社) ▽『山口県百科事典』(1982・大和書房) ▽小野忠著『山口県の考古学』(1985・吉川弘文館) ▽『角川日本地名大辞典35 山口県』(1988・角川書店) ▽川村博忠・小杉健三監修『山口県の地理』(1994・山口県刊行物普及協会) ▽八木充責任編集『図説山口県の歴史』(1998・河出書房新社) ▽山口県歴史散歩編修委員会編『山口県の歴史散歩』(2006・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山口(県)の関連キーワードユースホステルパルトピア山口宇部ときわ湖畔ユースホステル山口県下関市秋根北町山口県山口市秋穂二島山口県下関市秋根新町山口県下関市秋根上町山口県下関市秋根本町山口県下関市秋根東町山口県下関市秋根西町山口県山口市後河原山口県岩国市相ノ谷山口県山口市春日町山口県周南市相生町山口県周南市青山町山口県宇部市相生町山口県下関市垢田町山口県山口市赤妻町山口県下関市赤間町山口県下関市赤池町山口県下関市秋根

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口(県)の関連情報