コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口[市] やまぐち

百科事典マイペディアの解説

山口[市]【やまぐち】

山口県中部の市。1929年市制。県庁所在地。県政,教育,文化の中心地。椹野(ふしの)川の流域を占め,南は周防灘(すおうなだ)に面する。中心市街は山口盆地にあり,14世紀に大内氏の城下町として発達。京都を模した市街は〈西の都〉といわれ,海外貿易で繁栄。15世紀末には雪舟,宗祇など京都から文人が来訪,1550年ザビエルが布教,大内文化が栄えたが,のち陶(すえ)氏,毛利氏の支配下で衰微。盆地周辺と椹野川河口付近は農業が盛んで,山地は林産物が多い。1993年地方拠点都市の指定を受け,先端技術産業が集まる山口テクノパークや物流団地の建設が進められている。大内塗,山口萩焼を特産。山口大学,常栄寺庭園(史跡・名勝)など大内文化の遺跡,明治維新の史跡,瑠璃光寺の五重塔,ザビエル記念聖堂などがある。山口線,山陽本線,新幹線,宇部線,中国自動車道が通じ,山陽自動車道が分岐する。湯田温泉がある。2005年10月佐波郡徳地町,吉敷郡秋穂町,小郡町,阿知須町を,2010年1月阿武郡阿東町を編入。1023.23km2。19万6628人(2010)。
→関連項目山口[県]山口大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐち【山口[市]】

山口県のほぼ中央部に位置する県庁所在都市。1929年市制。人口13万5579(1995)。瀬戸内海に流入する椹野(ふしの)川の流域とその河口(山口湾)沿岸の平野部を占め,356.9km2に及ぶ県下最大の市域をもつが,水田農村地域を広く含み,人口は全国県庁所在都市の中で最少である。市域は椹野川上・中流の山口盆地を中心とした北部地区と山口湾岸の吉南(きちなん)平野を占める南部地区に分かれる。市街地は山口盆地の北東隅にあって,14世紀後半,大内氏が館を置いて京都を模した街をつくり,約200年間城下町として栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

山口[市]の関連キーワード湯田[温泉]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android