コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口[市] やまぐち

百科事典マイペディアの解説

山口[市]【やまぐち】

山口県中部の市。1929年市制。県庁所在地。県政,教育,文化の中心地。椹野(ふしの)川の流域を占め,南は周防灘(すおうなだ)に面する。中心市街は山口盆地にあり,14世紀に大内氏の城下町として発達。
→関連項目山口[県]山口大学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐち【山口[市]】

山口県のほぼ中央部に位置する県庁所在都市。1929年市制。人口13万5579(1995)。瀬戸内海に流入する椹野(ふしの)川の流域とその河口(山口湾)沿岸の平野部を占め,356.9km2に及ぶ県下最大の市域をもつが,水田農村地域を広く含み,人口は全国県庁所在都市の中で最少である。市域は椹野川上・中流の山口盆地を中心とした北部地区と山口湾岸の吉南(きちなん)平野を占める南部地区に分かれる。市街地は山口盆地の北東隅にあって,14世紀後半,大内氏が館を置いて京都を模した街をつくり,約200年間城下町として栄えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

山口[市]の関連キーワード湯田[温泉]

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android