コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口[市] やまぐち

2件 の用語解説(山口[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山口[市]【やまぐち】

山口県中部の市。1929年市制。県庁所在地。県政,教育,文化の中心地。椹野(ふしの)川の流域を占め,南は周防灘(すおうなだ)に面する。中心市街は山口盆地にあり,14世紀に大内氏城下町として発達。
→関連項目山口[県]山口大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐち【山口[市]】

山口県のほぼ中央部に位置する県庁所在都市。1929年市制。人口13万5579(1995)。瀬戸内海に流入する椹野(ふしの)川の流域とその河口(山口湾)沿岸の平野部を占め,356.9km2に及ぶ県下最大の市域をもつが,水田農村地域を広く含み,人口は全国県庁所在都市の中で最少である。市域は椹野川上・中流の山口盆地を中心とした北部地区と山口湾岸の吉南(きちなん)平野を占める南部地区に分かれる市街地は山口盆地の北東隅にあって,14世紀後半,大内氏が館を置いて京都を模した街をつくり,約200年間城下町として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

山口[市]の関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone