コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『土』 ツチ

とっさの日本語便利帳の解説

『土』

長塚節
はげしい西風が目に見えぬ大きな塊をごうっと打ちつけてはまたごうっと打ちつけて皆やせこけた落葉木の林を一日いじめ通した。木の枝は時々ひゅうひゅうと悲痛の響きを立てて泣いた。短い冬の日はもう落ちかけて黄色な光を放射しつつまたたいた。\(一九一〇)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『土』の関連キーワード黄色土(こうしょくど)ハイポヒリック土壌ロシア・トルコ戦争土一揆(どいっき)ストーン・ポリゴン退化チェルノゼムサヴァンナ土壌土芳(どほう)嘉吉の徳政一揆ホッパー船炭質堆積物埿土・泥土ブルニゼム褐色森林土ワープ土壌湿草地土壌農民文学土となる塩谷鵜平服部土芳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『土』の関連情報