岡山[市](読み)おかやま

百科事典マイペディアの解説

岡山[市]【おかやま】

岡山県南部,旭川下流域の岡山平野と吉備高原の一部にある市。1889年市制。県庁所在地で,県の政治・経済・文化の中心。戦国時代宇喜多直家が岡山城と城下町を建設,江戸時代池田氏31万5000石の城下町として発達した。1891年山陽本線が開通,さらに津山線,吉備(きび)線,宇野線,赤穂線,山陽新幹線が通じ,山陽地方の交通・経済の中心となった。1988年瀬戸大橋完成で瀬戸大橋線,瀬戸中央自動車道が開通,同年新岡山空港開港,1993年同空港の拡張,山陽自動車道の開通,さらには1997年岡山自動車道が全通するなど,広域交通網の整備により,中国・四国地方の交通拠点としての地位がより高まっている。近世以来,商業都市的性格が強い。岡山紡績の創業に始まる繊維工業のほか,食品・電気・機械工業が行われ,岡南(こうなん)地区には大工場が集中している。岡山大学,岡山空港,岡山城(史跡),後楽園,旧岡山藩藩学(史跡),吉備津彦神社などがある。2005年3月御津郡御津町,児島郡灘崎町を,2007年1月赤磐郡瀬戸町,御津郡建部町を編入。2009年4月,政令指定都市に移行。区,区,区,区を設置。789.96km2。70万9584人(2010)。
→関連項目岡山[県]吉備(岡山)興除高松津高伯備線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おかやま【岡山[市]】

岡山県南部,岡山平野の中央部にある県庁所在地で,県の政治,経済,文化,交通の中心地。1889年市制。以後しだいに市域を拡大し,1969年に西大寺市を,71年に津高,一宮,高松,足守,吉備,妹尾,上道の7町と福田,興除の2村を,75年には藤田村を編入した結果,児島湾干拓地と児島湖の大部分も市域に含まれることになった。人口61万5757(1995)。周辺の開発は古く,弥生時代津島遺跡のほか平地部北半に条里遺構があり,また造山(つくりやま)古墳(史),車塚古墳金蔵山(かなくらやま)古墳など大小の古墳も多く見られ,備前国府は旭川東岸の国府市場にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android