ちょぼちょぼ

精選版 日本国語大辞典「ちょぼちょぼ」の解説

ちょぼ‐ちょぼ

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 量や程度が少ないさまを表わす語。
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「なりてんぢくのかいしきに、ふかくさがわらけに、ちょぼちょぼとよそふておまらせうが」
② 物がまだらであるさまや、点在するさまを表わす語。ちょびちょび。
※病論俗解集(1639)「斑点(はんてん)小児はもがさ、はしか、大人はかざぼろし等ぞ。何さまちょぼちょぼ見ることぞ」
[2] 〘名〙 踊字などを表わす「〻」や記号としての「:」など。
※颶風新話(航海夜話)(1857)六回「チョボチョボで書てある線はの波、また波形で書てある線は後の波」
[3] 〘形動〙 (同じことを重ねて記す際に略して点を打つところから) 前者とだいたい同じさま。両者優劣をつけがたいさま。「彼は僕とちょぼちょぼだよ」
※わが新開地(1922)〈村島帰之〉二「湊座などになっては十二人で大枚三十七銭、松本座もチョボチョボで十五人七十八銭といふ金額」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ちょぼちょぼ」の解説

ちょぼ‐ちょぼ

[名]踊り字を表す「」や記号としての「‥」など。
[形動]前者と同じであるさま。両者に優劣をつけがたいさま。「両者の力量はちょぼちょぼだ」
[副]
量や程度が少ないさま。ちょびちょび。「小遣いをちょぼちょぼ(と)小出しにする」
物が所々に少しずつあるさま。ちょびちょび。「庭にちょぼちょぼ(と)草が生える」
[アクセント]はチョボチョボは、チョボチョボ。
[類語]互角伯仲五分五分おっつかっつ拮抗どっこいどっこいとんとん等しい同じ同一等価同等五分対等匹敵比肩伍する相半ばする肩を並べる勝るとも劣らない並び立つ負けず劣らずいずれ劣らぬ似たり寄ったり並ぶ団栗どんぐりせい比べ双璧そうへき甲乙付け難い雁行一進一退鍔競つばぜり合い竜虎相搏あいう追いつ追われつ抜きつ抜かれつ競り合うせめぎ合う攻防一歩も引かぬちょろりちょろちょろちょびちょびちびちびちびりちびりぽつぽつはらりたらりほろり小出しちょっとちょびっと少し少ない少少いささかいくらかいくぶんややちとちっとちょっぴりなけなし若干一抹心ばかり印ばかり形ばかり少しく心持ち気持ち多少二三少数少量僅僅きんきんわずか数えるほどたったただたかだか低い手薄少なめ内輪軽少軽微微弱微微微少僅少きんしょう些少さしょう最少微量ちびちび一つまみ一握り一息紙一重すずめの涙鼻の差残り少ないちょこっとちょこんとちょっこりちょびっとちょんびりちょんぼりちらり爪のあか小口ささやか寸毫すんごうプチほのか幾ばくせいぜいたかが微塵みじん些細ささいまばらほんのあるかなきか一縷いちる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android