コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほっと ホット

デジタル大辞泉の解説

ほっ‐と

[副](スル)
大きく息を吐くさま。ためいきをつくさま。「ほっと息を吐く」
緊張がとけて、安心するさま。「ほっと胸をなでおろす」「大役を終えてほっとした」
持て余して嫌けがさすさま。
「こっちの釜は物を懸けると、穴があくので―した」〈伎・幼稚子敵討〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほっと

( 副 ) スル
ためいきをつくさま。 「 -ため息をつく」
安心して緊張のとけるさま。 「無事の知らせに-胸をなでおろす」 「仕事を終えて-する」
いやけのさすさま。 「多勢の小児こどもと、弥喧家やかましやの夫の世話とで-して居る/青春 風葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ほっとの関連キーワード福島県東白川郡鮫川村赤坂東野神戸総合運動公園野球場一難去ってまた一難めでたしめでたしランチパスポートトライアングル胸を撫で下ろす長野県佐久市甲重荷を下ろす人心地が付く肩が軽くなる撫で下ろす高橋いづみ海原さおり吹田明日香藤井日菜子浦島こうじ松本祐貴子愁眉を開く思ひ弛む

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほっとの関連情報