太平洋戦争(南米)(読み)たいへいようせんそう

百科事典マイペディアの解説

太平洋戦争(南米)【たいへいようせんそう】

1879年ペルー,ボリビア,チリ3国間の国境(チリ硝石埋蔵地)紛争に起因して起こった戦争。チリは1884年の講和条約によりタラパカ(ペルー領)アントファガスタ(ボリビア領)地方を奪い,ボリビアは内陸国となった。占領地域の帰属をめぐる対立は1929年まで続いた。ボリビアの海への出口問題は今も尾を引いている。→アリカ
→関連項目チャコ戦争ペルーボリビア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平洋戦争(南米)
たいへいようせんそう
La guerra del Pacfico

19世紀末、アタカマ砂漠の硝石地帯をめぐって戦われた、チリと、ペルー・ボリビア両国との戦争。チリ、ペルー、ボリビアの間ではスペインからの独立以来、国境紛争が続いていたが、1879年4月ボリビアがチリの硝石輸出会社に課税を強化したのに対抗して、チリ軍は海岸部のアントファガスタ(ボリビア領)を占領するとともに、ボリビアと秘密同盟を結んでいたペルーに宣戦布告した。チリの真のねらいはアントファガスタ、タラパカ(ペルー領)の硝石資源獲得にあった。80年5月のタクナの戦いでペルー・ボリビア同盟軍に決定的打撃を与えたチリ軍は12月ペルーに上陸、翌年1月リマに入城した。83年10月、ペルー、チリ間でアンコン条約が結ばれ、ボリビアは海岸部全域を失い海への出口を閉ざされた。またペルーはタラパカをチリに譲渡し、タクナ、アリカについては、10年後に国民投票を実施しその帰属を決定するまでチリの占領下に置かれることになった。しかし予定どおり国民投票が実施されなかったためアメリカが仲介に入り、1929年アリカはチリが、タクナはペルーが領有することで合意が成立した。ボリビアの海への出口については、1904年の対チリ条約で鉄道建設の権利が得られ、ペルー国境沿いのチリ領内に中立地帯を設ける案が長期にわたり検討されたが、うまくいかず、ボリビアとチリの関係は悪化している。[後藤政子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android