コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島[町] ふくしま

百科事典マイペディアの解説

福島[町]【ふくしま】

北海道松前郡の町。大半が山地で南は津軽海峡に面し,沿岸漁業の宝庫として発展。ウニ,アワビコンブワカメなどの養殖,水産加工業が盛ん。南部の吉岡は青函トンネル北海道側の基点で,吉岡海底駅がある。

福島[町]【ふくしま】

長崎県北部,北松浦郡の旧町。伊万里湾口に浮かぶ島を占め,中心の塩浜は明治中期以降炭鉱町として発展したが,その後石炭不況により,すべて閉山。ミカン栽培,ツバキ樹増植が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしま【福島[町]】

北海道南西部,渡島(おしま)支庁松前郡の町。人口7430(1995)。渡島半島南西端に位置し,南は津軽海峡をへだてて津軽半島を望む。15世紀中ごろにはすでに和人が定住し,漁業を営んでいた。町域の大部分は山地からなり,基幹産業は漁業で,津軽海峡でのイカ漁を中心にマス,コンブ,ワカメなどを産するが,最近は育てる漁業へと転換し,水産加工業も盛んになっている。西部の吉岡は青函トンネルの北海道側の建設基地にあたり,建設中は活気があったが,1988年トンネル開通後は経済活動が低下している。

ふくしま【福島[町]】

長崎県北部,北松浦郡の町。人口3671(1995)。伊万里湾内に浮かぶ福島(面積16.7km2)を町域とする。島は第三紀層の上を玄武岩がおおう台地状をなし,最高点の標高は180m。明治中期から石炭が採掘され,中心集落の塩浜は炭鉱町として活気があったが,1972年炭鉱は閉山した。その後,縫製工場やLPG基地が誘致された。農業は米作を中心にミカンや野菜栽培など,漁業はタイ,ハマチなどの養殖が行われる。東の海上に浮かぶ48の岩礁からなるイロハ島は風光にすぐれ,玄海国定公園の一部をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone