コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島[市] ふくしま

百科事典マイペディアの解説

福島[市]【ふくしま】

福島県北部の市。1907年市制。県庁所在地。福島盆地と東西の山地を占める。中心市街は阿武隈川と須川の合流点付近にあり,中世からの城下町で,近世には板倉氏が支配,奥州街道の宿駅でもあった。
→関連項目福島[県]福島大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしま【福島[市]】

福島県中通り北部に位置する県庁所在都市。1907年市制。人口28万5754(1995)。市域は,福島盆地の南西半を中心に,北部および西部の奥羽山脈に属する山地と吾妻火山の東斜面,南東部と南部の阿武隈高地北西部丘陵地域に及ぶ。旧信夫(しのぶ)郡全域ともとの伊達郡,安達郡の一部を含む面積746km2で,県内ではいわき市に次ぎ,人口はいわき市,郡山市に次ぐ。中心市街地は,盆地内に孤立する信夫山(約270m)の南,阿武隈川とその支流荒川の合流点付近に位置し,16世紀末蒲生氏の所領のとき,杉妻(すぎのめ)城から福島城と改称され,その城下町として発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福島[市]の関連キーワード磐梯朝日国立公園土湯[温泉]飯坂[温泉]郡山[市]安達太良山吾妻山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島[市]の関連情報