福島[市](読み)ふくしま

百科事典マイペディアの解説

福島[市]【ふくしま】

福島県北部の市。1907年市制。県庁所在地。福島盆地と東西の山地を占める。中心市街は阿武隈川と須川の合流点付近にあり,中世からの城下町で,近世には板倉氏が支配,奥州街道の宿駅でもあった。東北本線,東北新幹線,東北自動車道が通じ,奥羽本線(山形新幹線)が分岐するほか阿武隈急行,福島交通の両線も通じる。商工業都市であるとともに,県の政治,文化の中心地でもあるが,県内では交通上の位置は郡山市の方が有利で,県経済の中心地は郡山市に譲っている。食料品・ガラス繊維製品・電気・精密機器・繊維工業が盛んで,近郊にはリンゴ,ナシ,モモなどの果樹園が広がる。飯坂温泉,土湯など温泉が多く,福島競馬場,福島大学がある。吾妻(あづま)山安達太良(あだたら)山などは磐梯朝日国立公園に属する。2008年7月伊達郡飯野町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。767.72km2。29万2590人(2010)。→福島藩
→関連項目福島[県]福島大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしま【福島[市]】

福島県中通り北部に位置する県庁所在都市。1907年市制。人口28万5754(1995)。市域は,福島盆地の南西半を中心に,北部および西部の奥羽山脈に属する山地と吾妻火山の東斜面,南東部と南部の阿武隈高地北西部丘陵地域に及ぶ。旧信夫(しのぶ)郡全域ともとの伊達郡,安達郡の一部を含む面積746km2で,県内ではいわき市に次ぎ,人口はいわき市,郡山市に次ぐ。中心市街地は,盆地内に孤立する信夫山(約270m)の南,阿武隈川とその支流荒川の合流点付近に位置し,16世紀末蒲生氏の所領のとき,杉妻(すぎのめ)城から福島城と改称され,その城下町として発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android