上(漢字)

普及版 字通「上(漢字)」の解説


常用漢字 3画

[字音] ジョウ(ジャウ)・ショウ(シャウ)
[字訓] うえ・かみ・あがる・のぼる・たてまつる・たっとぶ

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]
[その他]

[字形] 指事
掌上に指示点を加えて、掌上の意を示す。〔説文〕一上に古文の字形をあげ、「高なり。此れ古の上、指事なり」という。卜文の字形は掌を上に向け、上に点を加え、下は掌を以て覆い覈(かく)す形で、下に点を加える。天子の意に用いるときは、清音でよむ。

[訓義]
1. うえ、うえの方。
2. たかい、ものの上、いただき。
3. 場所的に、かみ。時間的に、はじめ、むかし。
4. たっとぶ、めうえ、君、尊位の人。
5. ゆたか、さかん。
6. ほとり、あたり。
7. あがる、のぼる、くわえる、しのぐ。
8. すすめる、たてまつる。
9. 尚と通じて、こいねがう、くわえる、たっとぶ。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕上 カミ・ウヘ・アグ・タテマツル・スグル・ハツヲ・イタタク・ウツクシブ・マホル・ツカマツル・ノボル・ススム・ノル・サカユ・ホトリ・マヘ・タフトシ・タフトブ・タカシ・トホシ/以上 カムツカタ/向上 マハリアグ・ミアグレバ/上 トホツオヤ

[部首]
〔説文〕〔玉〕に(帝)・・下の三字を属する。は大きな祭卓の形、旁は凡と方とに従う形。いずれも上に従う字ではない。下は襾(か)(覆う)で、字形・字義において上の対文である。

[熟語]
上衣・上位上意・上・上栄・上謁・上賀・上駕・上格上官・上浣・上澣上気・上下・上元・上弦・上言・上源・上戸・上古・上午・上工・上交・上行・上肴・上衡・上国・上懇上座・上裁・上歳・上策・上算・上士・上巳・上司・上肢・上梓・上賜・上寿・上熟・上春・上書・上庠・上章・上乗・上手・上世・上清・上・上席・上・上船・上・上僭・上善・上訴・上上奏・上層・上足・上則・上第上代・上台・上達・上知・上智・上冢・上朝上潮・上直・上帝・上天・上殿・上等・上頭・上徳・上人・上年上納・上番・上表・上品・上賓・上聞・上奉上木・上腴・上諭・上游上洛・上覧・上流・上路・上禄
[下接語]
炎上・架上・海上・機上・今上・謹上・計上・献上・向上・江上・言上・坐上・最上・塞上・参上・至上・主上・掌上・霄上・身上・進上・世上・川上・奏上・太上・長上・頂上・呈上・天上・途上・波上・無上・路上・和上

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android