コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性(生物) せい

百科事典マイペディアの解説

性(生物)【せい】

もともとは,同種の生物がもつ雌雄の別をいう。をつくる形質を雌性,精子をつくる形質を雄性といい,性の存在によって有性生殖生殖)が営まれる。一般に動物では高等なものほど雌雄の別が顕著になり,生殖器以外の面でも異なって二次および三次性徴性徴)が現れ,生理的・心理的な分化も生じる。
→関連項目性比

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

性(生物)の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地トゥバタハ・リーフ海中公園フェルナンドデノロニャ島国立医薬品食品衛生研究所シュウ酸カルシウムエリスロクプレインバクテリオファージ基礎生物学研究所ウイルス(医学)大酸化イベントホメオスタシス土壌改良資材鳥ノ巣動物群コーストリスカタラーゼ大陸棚条約バイオマスケイ藻軟泥シュウ酸塩生命の起源

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性(生物)の関連情報