大島(東京)(読み)おおしま

百科事典マイペディアの解説

大島(東京)【おおしま】

伊豆諸島中最北端の島。面積90.73km2,東京都大島町をなす。全体が玄武岩質の噴出物からなる複式火山の山体で,中央火口丘活火山三原山海食崖が続く東海岸を除き,海岸沿いに元町,岡田,波浮港(はぶみなと)などの港町,泉津(せんづ),野増,差木地(さしきじ)などの農林業集落が分布する。9世紀にはハブヒメノミコトが守護神として祀られ,源為朝など古代より流罪の島であった。14世紀末には上杉朝宗の支配下となった。江戸時代は幕府領で,18世紀には甘藷の移植が行われた。東京,横浜,熱海,伊東,稲取から航路,東京国際空港から航空路がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大島(東京)の関連情報