鏡(高知県)(読み)かがみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「鏡(高知県)」の解説

鏡(高知県)
かがみ

高知県中央部、土佐郡(とさぐん)にあった旧村名(鏡村(むら))。現在は、高知市(こうちし)北西部の一地域。2005年(平成17)、土佐山(とさやま)村とともに高知市に編入。旧村域は、鏡川の中流域に位置し、狭小な河岸段丘がみられるが平坦(へいたん)地に乏しい山村地帯。産業は林業が中心である。木炭用材のほか、かつてはコウゾも産したが衰退した。農業ではウメ、ショウガ、ミョウガの生産が盛んであるが、近年は通勤兼業が増加している。高知市中心市街地への都市用水の供給と発電を目的とする鏡ダムがある。926メートルの雪光(せっこう)山(国見山)、森林公園などがあり、平家の落人伝説が残る。

[正木久仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android