大島(読み)おおしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大島(大分県)
おおしま

大分県南東部、佐伯(さいき)湾入口にある島。佐伯市鶴見(つるみ)地区に属する。鶴見半島地蔵崎沖合い約500メートルに、元ノ間(もとのま)海峡を隔ててある。面積1.63平方キロメートル、最高点193メートル。東岸は50~100メートルの海食崖(がい)が発達し、海食洞門壇ノ窓(だんのまど)がある。日豊(にっぽう)海岸国定公園に含まれる。西側緩斜面に畑と集落がある。サワラ、タイなどの一本釣りが盛ん。1618年(元和4)庄屋(しょうや)市兵衛が佐伯藩命で開発、また、遠見番所が置かれていた。1955年(昭和30)離島振興法適用。1977年鶴見半島から海底送水、水不足が解消した。佐伯港から定期船で約40分。人口226(2009)。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大島の関連情報