大島(読み)おおしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大島(大分県)
おおしま

大分県南東部、佐伯(さいき)湾入口にある島。佐伯市鶴見(つるみ)地区に属する。鶴見半島地蔵崎沖合い約500メートルに、元ノ間(もとのま)海峡を隔ててある。面積1.63平方キロメートル、最高点193メートル。東岸は50~100メートルの海食崖(がい)が発達し、海食洞門壇ノ窓(だんのまど)がある。日豊(にっぽう)海岸国定公園に含まれる。西側緩斜面に畑と集落がある。サワラ、タイなどの一本釣りが盛ん。1618年(元和4)庄屋(しょうや)市兵衛が佐伯藩命で開発、また、遠見番所が置かれていた。1955年(昭和30)離島振興法適用。1977年鶴見半島から海底送水、水不足が解消した。佐伯港から定期船で約40分。人口226(2009)。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大島の関連情報