福岡[市](読み)ふくおか

百科事典マイペディア「福岡[市]」の解説

福岡[市]【ふくおか】

福岡県西部の市。1889年市制。1972年政令指定都市になり,中央博多・西・の5区を設置。1982年西区を西城南早良(さわら)の3区に分区。県庁所在地。福岡平野主要部と福岡湾岸一帯,志賀島(しかのしま),海ノ中道能古島,玄界島を含む。中心市街は博多湾に注ぐ那珂川の両岸に発達,右岸は大陸交通の要地,商人町として発展した博多,左岸は黒田氏52万石の旧城下町福岡で,中心は市役所,西鉄ターミナルのある福岡の天神地区。北九州の交通中心をなし,鹿児島本線,筑肥・香椎・篠栗(ささぐり),博多南の各線,西鉄各線,市営地下鉄が通じ,その沿線は住宅地化が著しい。博多駅は新幹線発着駅となっている。九州自動車道,国道3号線,福岡前原道路が通じ,福岡都市高速道路が走る。板付に空港がある。博多港は以西底引網漁業の根拠地。ビール,製糖,乳業,電機,印刷などの工業のほか,博多織博多人形,高取焼などの伝統産業がある。九州大学,香椎宮筥崎宮(はこざきぐう),櫛田神社,住吉神社,東公園,南公園,福岡城跡(史跡)のある大濠公園,平和台総合運動場,元寇(げんこう)防塁跡(史跡),玄海国定公園の生(いき)ノ松原などがある。博多山笠どんたく,筥崎宮の玉せせりなどの祭も有名。周辺農村部では野菜園芸など近郊農業が行われる。343.39km2。146万3743人(2010)。
→関連項目九州芸術工科大学九州大学箱崎福岡[県]福岡タワー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「福岡[市]」の解説

ふくおか【福岡[市]】

福岡県北西部の県庁所在都市。九州の政治・経済・文化の中心をなす。1889年市制。1972年政令指定都市となり中央,博多,東,西,南の5区を設置,82年に西区を城南,早良(さわら),西の3区に分けて7区制施行。人口128万4795(1995)。市域福岡平野の大半を占めて小呂(おろ)島,玄界島,能古島(のこのしま)の3島も含み,南端脊振((せふり))山地で佐賀県に接する。朝鮮半島や中国に近い天然の良港,博多湾に臨む大陸交通の要衝で,古く那津(なのつ)と呼ばれた博多は大宰府の外港,遣隋使や遣唐使の発着港,貿易港として長く大陸文化輸入の門戸であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の福岡[市]の言及

【今津】より

…筑前国糸島郡(現,福岡県福岡市西区)の地名。福岡市の西郊,博多湾に面して位置し,さらに湾入して今津湾を形成している。…

※「福岡[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android