コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡[町] ふくおか

百科事典マイペディアの解説

福岡[町]【ふくおか】

富山県西部,西砺波(にしとなみ)郡の旧町。小矢部(おやべ)川流域と宝達(ほうだつ)丘陵南部を占める。主集落は北陸街道の街村で,北陸本線が通じる。スゲ栽培が行われ,菅笠(すげがさ)の生産で全国に知られた。

福岡[町]【ふくおか】

岐阜県東部,恵那(えな)郡の旧町。大部分は山林で,耕地は木曾川の支流付知(つけち)川沿いに分布。林業,米作のほか,畜産,野菜栽培も行う。2005年2月恵那郡坂下町,付知町,蛭川村,川上村,加子母村,長野県木曾郡山口村と中津川市へ編入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくおか【福岡[町]】

富山県西部,西砺波(にしとなみ)郡の町。人口1万3220(1995)。小矢部(おやべ)川中流に位置し,東部は砺波平野の北西端にあたり,西部は宝達(ほうだつ)丘陵に含まれる。国道8号線,北陸本線が並んで町域南部を横断する。中心集落の福岡は近世初期以来,富山に通じる北陸街道の市場町として栄えた。小矢部川流域では江戸時代から菅笠がつくられ,昭和20年代まで全国的産地となっていた。近年はスゲ製の民芸品をつくる。

ふくおか【福岡[町]】

岐阜県東部,恵那郡の町。1966年町制。人口7267(1995)。木曾川支流の付知(つけち)川が町の中央を南流し,川沿いを国道257号線が走る。米作を中心に野菜,果樹の栽培,酪農が営まれる。また昭和40年代後半以降は南接する中津川市への通勤者が増加している。北部の山地は裏木曾県立自然公園に,南部の木曾川流域は恵那峡県立自然公園に属する。下野の女夫(めおと)松は天然記念物に指定されている。【上田 雅子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone