コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡[町] ふくおか

4件 の用語解説(福岡[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

福岡[町]【ふくおか】

富山県西部,西砺波(にしとなみ)郡の旧町。小矢部(おやべ)川流域と宝達(ほうだつ)丘陵南部を占める。主集落は北陸街道の街村で,北陸本線が通じる。スゲ栽培が行われ,菅笠(すげがさ)の生産で全国に知られた。

福岡[町]【ふくおか】

岐阜県東部,恵那(えな)郡の旧町。大部分は山林で,耕地は木曾川の支流付知(つけち)川沿いに分布。林業,米作のほか,畜産,野菜栽培も行う。2005年2月恵那郡坂下町,付知町,蛭川村,川上村,加子母村,長野県木曾郡山口村と中津川市へ編入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふくおか【福岡[町]】

富山県西部,西砺波(にしとなみ)郡の町。人口1万3220(1995)。小矢部(おやべ)川中流に位置し,東部は砺波平野の北西端にあたり,西部は宝達(ほうだつ)丘陵に含まれる。国道8号線,北陸本線が並んで町域南部を横断する。中心集落の福岡は近世初期以来,富山に通じる北陸街道の市場町として栄えた。小矢部川流域では江戸時代から菅笠がつくられ,昭和20年代まで全国的産地となっていた。近年はスゲ製の民芸品をつくる。

ふくおか【福岡[町]】

岐阜県東部,恵那郡の町。1966年町制。人口7267(1995)。木曾川支流の付知(つけち)川が町の中央を南流し,川沿いを国道257号線が走る。米作を中心に野菜,果樹の栽培,酪農が営まれる。また昭和40年代後半以降は南接する中津川市への通勤者が増加している。北部の山地は裏木曾県立自然公園に,南部の木曾川流域は恵那峡県立自然公園に属する。下野の女夫(めおと)松は天然記念物に指定されている。【上田 雅子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福岡[町]の関連キーワード小矢部川五箇山庄川城端砺波市砺波平野砺波山高瀬神社砺波砺波の関

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone