生(漢字)

普及版 字通「生(漢字)」の解説


常用漢字 5画

[字音] セイ・ショウ(シャウ)
[字訓] はえる・うまれる・うむ・いきる

[説文解字]
[金文]

[字形] 象形
草の生え出る形。〔説文〕六下に「むなり。艸木の生じて土上に出づるに象る」と生・進の音を以て解するが、声義の関係はない。卜辞の多生は多姓、金文の百生は百姓で、姓の意に用いる。また〔(そはく)〕に「用(もつ)て考命彌生(びせい)ならんことを求む」とあるように、生命の義に用いる。〔鼎(こつてい)〕の「(きせいは)」の生をの形に作り、目の部分は種の形で、種の発芽の状を示す。生は発芽生成の象を示す字である。すべて新しい生命のおこることをいう。

[訓義]
1. はえる、うまれる、うまれでる、あらわれる、うむ。
2. いきる、いかす、いきもの、いのち。
3. 生まれたまま、なま。
4. おいる、そだつ、おこる、なる。
5. たみ、ひと、なりわい。
6. 性と通じ、さが。
7. 立役。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕生 ナル・ウマル・イク・スズシ・イヅ・ウム・オフ・ナス・イケリ・ヒオコス・ナル

[部首]
〔説文〕〔玉〕に(産)・(隆)・の五字を属する。は草木の象、生子儀礼に関する字である。

[声系]
〔説文〕に生声として牲・旌・・性・姓など十一字を収める。卜文・金文に生を姓の意に用いることが多い。

[語系]
生sheng、姓・性siengは声が近い。姓・性は生来のもので、生の声義を承ける。腥syengも生肉の意。(進)tzienは、生の声義において関するところはない。

[熟語]
生涯・生衣・生意・生育・生員・生翳・生煙・生花・生果・生介・生外・生・生獲・生活・生肝・生監・生還・生気・生・生機・生客生魚・生姜・生・生業・生禽・生擒・生駒・生計・生訣生月・生絹・生・生言・生語・生口・生拘・生硬・生壙・生剋・生穀・生魂・生妻・生菜・生在生殺・生産・生死・生子生糸・生祀・生姿・生師・生紙・生歯・生資・生事・生時・生識・生質・生日・生者・生手・生受・生臭・生渋・生熟生出・生殉・生書・生小・生色・生殖・生心・生身・生辰・生人・生芻・生生・生世・生成・生性・生鮮・生前・生疎・生憎・生瘡・生・生蔵・生息・生存・生態・生体・生胎・生啖・生知・生致・生疔・生朝・生長・生鉄・生田・生徒・生動・生獰・生得生年・生魄・生馬・生帛・生搏・生縛・生・生碑・生阜・生俘・生覆・生風・生物・生平生別・生捕生母・生放・生謀生木・生民・生務・生命・生滅・生面・生養・生来・生理・生離・生慮・生類・生霊・生冷・生黎・生路
[下接語]
一生・生・鬱生・永生・衛生・園生・往生・化生・回生・学生・寒生・寄生・窮生・共生・狂生・教生・愚生・群生・原生・孤生・互生・寤生・好生・更生・幸生・厚生・後生・今生・混生・再生・済生・殺生・残生・史生・死生・資生・自生・滋生・七生・湿生・写生・儒生・終生衆生・塾生・出生・所生・初生・書生・諸生・小生・植生・殖生・新生・人生・水生・摂生・先生・全生・前生・生・双生・早生・蒼生・簇生・叢生・俗生・族生・続生・存生・他生・多生・対生・胎生・誕生・治生・畜生・長生・天生・転生・倒生・偸生・同生・派生・発生・半生・生・未生・密生・民生・門生・野生・友生・余生・幼生・養生・卵生利生・陸生・両生・寮生・老生

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android