コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中[町] なか

百科事典マイペディアの解説

中[町]【なか】

兵庫県中部,多可郡の旧町。加古川の支流杉原川中流域を占め,中心は中村町西脇市とともに播州織物工業地。酒造米産地としても有名。食料品精密機械などの企業も進出している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なか【中[町]】

兵庫県中央部,多可郡の町。人口1万1698(1995)。加古川支流の杉原川が中央を南東流し,沿岸に水田や集落が展開する。播州織の中心的産地の一つで,明治初年より織物業が発展した。織物工場は中村町に多く,先染織物の技術をいかしてジャカードクロスなどの輸出が盛んであったが,国内向けに移行してきている。就業人口の半数近くが製造業に従事し,織物のほか食品,弱電金属加工の工場もある。農業は稲作中心で,良質の酒造米の産地として知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

中[町]の関連キーワード霧多布湿原富山平野九谷焼

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android