コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分[県] おおいた

百科事典マイペディアの解説

大分[県]【おおいた】

九州地方北東部の県。県庁所在地は大分市。6340.71km2。119万6529人(2010)。〔沿革〕 かつての豊後(ぶんご)国全域と豊前(ぶぜん)国の一部に当たり,豊後は中世,大友氏が支配,江戸時代は小藩,天領,宇佐神領に分割されていた。
→関連項目九州地方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおいた【大分[県]】

面積=6337.28km2(全国22位)人口(1995)=123万1306人(全国34位)人口密度(1995)=194人/km2(全国36位)市町村(1997.4)=11市36町11村県庁所在地=大分市(人口=42万6979人)県花=ブンゴウメ 県木=ブンゴウメ 県鳥=メジロ九州地方の北東部に位置し,瀬戸内海と豊後水道に臨む県。北西は福岡県,南西は熊本県,南は宮崎県に接する。東西約120km,南北約110km。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大分[県]の関連キーワード耶馬日田英彦山国定公園阿蘇くじゅう国立公園瀬戸内海国立公園祖母傾国定公園大分[市]国東半島大分平野九州山地豊後国山国川大野川豊前国大友

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android