文(もん)(読み)もん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穴のある銭貨を数える単位。唐の開元通宝1枚の重さが1匁(もんめ)であったところから、わが国でもそのまま銭1枚を1文と呼称するようになったといわれ、銭1000文をもって1貫と称する。中世までの貨幣はほとんど銭中心であったが、江戸時代に至って貨幣制度が整備されると、金・銀貨幣に対する補助貨幣的な存在となり、それまでの銅製にかわって鉄製の銭も鋳造されている。

 また実際生活では、銭1貫は960文とし、100文も96文で100文として通用させ、とくに100文の場合のみ長百(ちょうひゃく)とよんでこれを区別している。これは、100文は5の倍数でしか分割できないのに対し、96文の場合は3と2の倍数で細かく分割が可能であることから、96文のほうが少額流通貨幣として使用に便利であるためといわれる。明治4年(1871)の新貨条例ののちも、一時期10文で1銭に通用させたこともある。また、足袋(たび)底の長さを測るのに、一文銭を並べて数えたところから、足袋や靴、靴下などの履き物の大きさの単位ともなったが、この場合の1文は尺貫法の8分(ぶ)(約2.4センチメートル)に相当する。

[棚橋正博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文(もん)の関連情報