コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村(村落)
むら

ムレ(群)と同義で、家群(いえむら)・草むらの用例もあり、「人のむらがりすむ所也(なり)」(日本釈名)、「村、ムラ・サト、聚落(しゅうらく)也」(類聚名義抄(るいじゅみょうぎしょう))、「村、人の聚居する所、之(これ)を村落と謂(い)う、邑(むら)に同じ」(節用集)などと古くから説明され、また「村、農民の住居する処(ところ)をムラと云(いう)」(安斎随筆)と、「町・市」に対し一般農村をさすともされてきた。学術語の「村落」にあたり、直接「土地」に依存する生産(農林漁牧)によって生活する人々の形成する集落社会で、「都市」に対置される所である。現在日本には、制度上の地方自治行政団体としての「村」と、その内部に実在する伝統的な住民の自治協同集団とがあり、後者は「ムラ」と書き分ける例である(いわゆる集落、区、耕地など)。関西地方には前者を「ソン」、後者を「ムラ」とよび分ける所もある。「紀伊国熊野之有馬」(古事記)、「村(ふれ)に長(ひとごのかみ)無く、邑(むら)に首勿(おびとな)し」(『日本書紀』「景行紀」)など、ムラの名称は古くから用いられたが、律令(りつりょう)制下の国郡制度の末端統治単位は「郷・里」で、「村」はその陰にあって実態は不明であり、荘園(しょうえん)制に移行しても「庄園(しょうえん)」(庄のほか、郷、保、院、郡などとも称する)の下部構成単位も「名(みょう)」や「在家」で、鎌倉期以後その分割の際などに「村」がときとして現れるにすぎない。「名」や「在家」ではたぶん在地の「名主」的支配者に統(す)べられる形で百姓の家々が「村」をその内部に形づくっていたのであろうが、実態は明らかでない。ただ、戦国期に入り専門武士として村を離れる「名主(みょうしゅ)」や没落する「名主」が多くなると、百姓だけの「村」が直接貢租を請け負う「地下請(じげうけ)」の形が広く生じ、「惣(そう)、惣村」としてその自治活動が目だってくる。ときには連合して領主に反抗して立ち上がることもあった。
 戦国動乱は豊臣(とよとみ)秀吉の全国統一で収まり、近世の村落統治制がそこに始まる。秀吉はまず山城(やましろ)・近江(おうみ)の新領国に「検地」を行い、やがてその方式を全国に及ぼして、いわば近世農村統治の土台を据えた。それが江戸幕府に受け継がれて、近世日本の郷村支配制にまとまる。「秀吉検地」は「武士、農民」の身分的確定と、その「居住分離」を前提に行われ、「名請」と称し百姓経営の田畑を個別に確認して貢租を割り付けるとともに、「村切り」にこれをくくり、連帯責任でその完済を義務づけた。いわゆる「村請」で、同時に行った「人改(ひとあらため)」も「村」単位にくくられた。そしてキリシタン禁制下の「宗門改」では、「村」単位の人民把握はさらに厳しくなる。「名主、庄屋」以下の「村役人」は大名権力の代行者であり、同時に百姓代表の形でもあった。もちろん秀吉時代は草創期で多分に不備の点を残していたが、江戸期の「幕藩体制」下の農民統治はこの線に沿って精緻(せいち)な形に発展し、「村」は基本的な農民統治単位として定着し、「町」と対置されるに至った。
 明治初期の地方行政制度変革で、近世の「村」は大きい動揺を示すが、ともかく1888年(明治21)の「町村制」で「村」は新しい地方自治行政団体の一つとして「制度的存在」となった。しかしその前提条件として広く旧町村の併合が強行されたので、近世の「村」がそのまま新しい「行政村」に移行した例はきわめてまれである。1868年の「6万5771村」は、88年には「1万1374村」にまとめられている。しかし町村合併措置で制度外存在と化した「旧村」はなお住民生活に必須(ひっす)の存在であり、用水・山林・漁場などの共有生業基盤をもち、村氏神の祭祀(さいし)はじめ多彩な互助協力慣行もあって、生活防衛のためにも住民生活に不可欠の依拠集団であった。それゆえ旧村の実態は残って、「地区(村の部分的集落)」などとよばれ、また「行政区」の制で行政的補助機構として、新しい「町村」内部の構成単位として定着することになった。ただし実態は地方ごとに多彩な変相を示し、また近年の社会変動で「旧村」の伝統を受け継ぐ「ムラ」は著しく解体の様相を示しつつある。[竹内利美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

村の関連キーワード町(まち)ビラージュ農村問題ビレッジコタン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村の関連情報